もち麦ダイエットは効果ない!?失敗する原因と対策法!

Sponsored Link

もち麦ダイエットは効果ない!?失敗する原因と対策法!

今もち麦がダイエットにいいと注目されていますよね!スーパーやコンビニなどでも購入できるので試してみた人も多いかもしれません。

「ダイエットに成功した!」「便秘が解消された」という人も多いですが、中には効果がなかった、という人も。もち麦は本当にダイエットにいいのでしょうか?失敗する原因や、どれだけ続ければいいのかなどをまとめました。

Sponsored Link

もち麦がダイエットにいい理由

もち麦には、食物繊維が豊富に含まれています。もち麦が注目されている主な理由はここです。食物繊維といえば便秘解消というイメージですよね。

もちろん、便秘解消することもダイエットにつながりますが、それだけではありません。もち麦に含まれている水溶性食物繊維のβグルカンは、糖の吸収を抑えてくれる効果もあるんです!

さらに、毎日食べるご飯をもち麦ご飯に替えるだけで効果が期待できるので取り入れやすく、長続きしやすいというのも注目されているポイントです。(しかも、お値段も手ごろです)

まとめると

  • 食物繊維が豊富で便秘解消に役立つ。
  • 糖の吸収を抑える効果も!
  • 毎日取り入れやすく、続けやすい

というのがもち麦ダイエットが注目されている理由です。実際に効果があった!という口コミも多いですよ。

もち麦のダイエット効果について詳しくはこちらの記事でご紹介しています:
もち麦(大麦)ダイエットの効果!失敗しない食べ方は?

効果が出ないのはなぜ?

もち麦ダイエットしてるのに効果が出ない理由

もち麦はダイエットに役立ちますが、中には全然効果がない!という人も。反対に太ってしまった!という人もいます。

もちろん、結果には個人差があると思いますが、太ってしまった人もいるとなると、試すのにも躊躇してしまいますよね。効果が出ない、太ってしまう原因は何なのでしょうか。

カロリーオーバーになっている

もち麦には、ダイエットをサポートする効果が期待できますが、食べれば食べるほど痩せる!というものではありません。穀物ですのでカロリーもそれなりにあります。100g辺りのカロリーは340kcal参照)です。

特に

  • 今まであまり白米を食べていなかったのにもち麦ご飯を毎食食べている
  • もち麦ご飯ともち麦を使ったおかずの両方を食べている
  • もち麦を取り入れるだけで他の食材を減らしていない

という人はカロリーオーバーにになっている可能性が高いです!もち麦に限ったことではありませんが、食べたら食べた分だけカロリーは増えてしまいますからね。そして、カロリーオーバーになれば痩せるどころか太ってしまいます

普段食べている白米をもち麦ご飯に替えるだけでしたら少しカロリーはダウンします(参照)。ですが、おかずにプラスしたり、今まで炭水化物抜きだったところにもち麦ご飯を足したりする場合は、カロリーオーバーになってしまいます。ですから、他のものを減らすなどしてカロリー調整をする必要があります。

もち麦はダイエットに役立ちますが、カロリーコントロールは必要、ということですね!

栄養素が足りていない

食物繊維には水溶性と不溶性があり、1:2の割合で摂取するのが理想的だといわれています。もち麦には不足しがちな水溶性食物繊維が豊富に含まれています。野菜など他の食材で不溶性食物繊維をしっかり摂っていれば食物繊維のバランスがよくなり、便秘解消やダイエットの効果が期待できます。

ですが他の食材でも栄養バランスを意識していないと食物繊維のバランスが悪くなってしまったり、全体量が足りなかったりして思うような効果が出ないことがあります。

また、ダイエットに役立つ栄養素は食物繊維だけではありません。ビタミンB群、C、E、鉄分、カルシウムなどもダイエットに必要な栄養素です。これらが足りていないとダイエットの効果がでない原因になります。もち麦を取り入れるだけでなく食事全体のバランスを見直してみましょう。

効果的な食べ方は?

もち麦でダイエットする効果的な食べ方

もち麦を取り入れるのにベストなのは朝ご飯だといわれています。

もち麦に豊富に含まれている水溶性食物繊維のβグルカンには、脂肪の吸収を抑える効果があります(参照)。そして、朝摂取することで昼食や夕食のの脂肪や糖質の吸収も抑える(※)とも言われているんです(参照

さらに、最近の研究では朝食物繊維をしっかり摂取すると、1日の全体の食事量が減るというデータもあるんです(参照)昼食、夕食ももち麦ご飯に替えてもかまいませんが、一番のおすすめは朝ですね!

ですが今までしっかり朝ごはんを食べていなかった人が朝もち麦ご飯を食べるようにすると当然カロリーオーバーになります。昼食、夕食の量を減らす。もしくは、スムージーなど軽いものにもち麦を取り入れて調整してみてください。

もち麦ご飯の炊き方や、軽めの朝食におすすめのレシピはこちらでご紹介しています:
もち麦(大麦)でダイエット!効果的なレシピは?

※ただし、『βグルカンを朝摂ることで昼食、夕食まで脂肪や糖質の吸収も抑える』という確実なデータは見つかりませんでした。ですが、食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果などは各国で認められています。

どのくらいの期間続けるべき?

どのくらい続ければ効果が出るのか

もち麦は食べてすぐにダイエット効果が出るものではなく、しばらく時間がかかります。いつまで続ければいいの?と不安になるかもしれません。

いつ頃効果が出るのかは個人差があり、1週間から3カ月程度参照)かかるようです。栄養価が高いので健康にいいことは間違いないですし、気長に続けてみてください。普段食べていないものを取り入れるのは長続きしにくいですが、ご飯をもち麦ご飯に替えるだけなら比較的続けやすいですよね。

そしてもち麦は1パック800g入りで400円程度(参照)。お財布の負担にならないお値段というのも続けやすいポイントではないでしょうか。

また、ダイエットの効果を上げたい、早く結果を出したいという人は適度な運動を取り入れたり、食生活全体を見直したりしてみてください。もち麦だけに頼りすぎないのも結果を出すポイントです。

まとめ

もち麦ダイエットで効果が出ない人の原因は

  • カロリーオーバーになっている
  • 他の栄養素が足りていない

ということが多いです。もち麦ご飯を取り入れるだけでなく、食生活全体を見直してみる必要があるでしょう。

また、もち麦はダイエットのサポートになりますが、これさえ食べていれば確実に痩せる!というものではありません。運動を取り入れるなどしてダイエット効果を上げるようにしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ