<アマランサスとは?>豊富な栄養と効果をご紹介!

Sponsored Link

アマランサス

栄養価が豊富な穀物として「キヌア」と共に注目されている「アマランサス」。スーパーフードやスーパーグレイン(穀物)などとも呼ばれています。

最近名前を聞くようになったこのアマランサスですが、実際どんな植物なのでしょうか。豊富な栄養と効果についてもお話ししていきます。

Sponsored Link

アマランサスとは?

アマランサスは最近出てきた食べ物だと思っている人も多いとも思いますが、日本にも江戸時代からあるんですよ。名前は「アマランサス」ではありませんでしたが、日本でも古くから栽培されているものなんです。

では日本ではなんて呼ばれていたのかというと「赤粟(あかあわ)」です。稗や粟の「粟」ですね。あんまりおいしいイメージがないかもしれませんが、それは粟だけを食べる場合の話だと思います。

ご飯と一緒に炊いたり、おかずに混ぜたりすればおいしく食べられますよ!

 

アマランサスの原産は南米です。ヒユ科ヒユ属に属していて、稗やキビなどのイネ科の穀物とはまた違います。正式には穀物ではなく「疑似穀物」といわれています。

アマランサスには、穀物として実を食べる「穀実用」だけでなく、観賞用や野菜用という種類があり、それぞれ用途が異なります。野菜用のアマランサスの葉っぱも栄養価が高いんですよ!

アマランサスの葉っぱについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「アマランサスの葉っぱの食べ方は?おすすめレシピをご紹介」

 

アマランサスにはどんな効果があるの?

アマランサスの栄養は?

「栄養価が高い」といわれているアマランサスですが、実際にどんな健康効果が期待できるんでしょうか。

悪玉コレステロールや中性脂肪の減少

植物ステロールやトコトリエノールという成分が悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させる働きがあります。
また脂肪を分解させる酵素を活性化させる必須アミノ酸の「リジン」も含んでいます。
食物繊維も豊富なのでコレステロールが腸で吸収されるのを抑えてくれます。

便秘解消、デトックス

食物繊維が含まれているので便秘解消効果も期待できます。

アンチエイジング

ビタミンA、B5、B6、C、E、K、葉酸など豊富なビタミンを含んでいます。抗酸化作用があるものも多く、アンチエイジングに期待が持てます。

美肌

抗酸化作用があることに加え、コラーゲンの生成に必要な必須アミノ酸を含むたんぱく質を豊富に含んでいます。だから美肌効果も期待できます。

女性特有のお悩みにも

生理痛が重かったり、PMSが起こったりするのは亜鉛やビタミンB群が不足していることも原因になっています。アマランサスにはこれらも含んでいるため、生理不順や生理痛など女性特有のお悩みにも効果が期待できます。

アマランサスには決して珍しい栄養素が入っているわけではないのですが、必須アミノ酸やビタミン、ミネラルなど私たちに必要な栄養素をたくさん含んでいます。これらは普段不足しがちですから、アマランサスを食べて不足を解消することで、さまざまなトラブルが解消することも夢ではないんです。

 

まとめ

アマランサスは古くから日本でも栽培され、栄養補給のために食べられてきました。私たちの体に必要だけれど不足しがちな栄養素をたくさん含んでいるので、ダイエットやアンチエイジング、美肌などさまざまな効果が期待できます。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ