アムラ(インディアングーズベリー)の苗は日本で手に入る?育て方は簡単?

Sponsored Link

アムラの苗を日本で育てることはできる?

抗酸化作用が強く、美容や健康、ダイエットに役立つ「アムラ」。

体に良いものだから、毎日の健康習慣にするために自宅で栽培したいという人も多いかもしれませんね。

アムラの苗は簡単に手に入るものなのでしょうか?

Sponsored Link

苗は日本でも入手できる!

最近話題になっているスーパーフードを家で育てたいと思ったことがある人も多いと思います。毎日摂取するなら、毎回買うよりも自分で育てたほうが摂取しやすいですからね。

ですが、ものによっては日本では入手不可能なものもあります。

どこか特定の地域だけで栽培されているものなどが多いんですよね。インドが原産のアムラはどうなんでしょうか?

 

・・・と調べたところ、アムラの苗は日本でも入手可能でした!以下のお店で販売していますよ!

 

石垣島・シャンティ・ガーデン

アムラの苗販売店

沖縄からの発送なので送料がかかってしまうのがネックですが、興味のある人は育ててみてはいかがでしょうか。

アムラの育て方

もう1つ気になるのは育て方が簡単なのかどうかですよね。せっかく育てても実にならなかったら意味がありませんからね。

タイが原産の植物ですので、寒いのが苦手で簡単に育つ、とは言い難いようです。

育て方を簡単に説明しますね。

  1. 種を24時間以上水に浸す。
  2. 気温が22度以上になったら水はけのよいところに種を撒く。
  3. 2週間から1カ月で発芽
  4. 土の表面が乾いたらたっぷり水をあげる。土をカラカラにしないよう真夏は数回あげる
  5. 30cmくらいに育ったら大きめの植木鉢に植え替え、肥料をあげる。
  6. 寒さに弱いので冬は室内の明るい場所で管理し、水は極力控える。
  7. 葉は落ちるが根は死んでいないので、春になると新しい芽が出てくる。
  8. 4~5年成長すると実を付けるようになる。

なんと、実が収穫できるまでに4~5年もかかるんですね。一度実がつくようになれば毎年できますが、それまでが長いですね。

また、本来アムラは10mを超える木になるものですが、最近は背の低い品種も増えているようです。日本で購入できるものはどんな品種なのか確かめてから購入したほうがよいかもしれませんね。

アムラの果実はおいしくない!?

スーパーフルーツなのに美味しくない!?

実ができるまでに4~5年もかかってしまうアムラですが、じつは生の実は強い酸味と渋みがありあまりおいしいものではありません

長い年月をかけておいしくないというのはがっかりしてしまうかもしれませんね。

インドでは塩漬けや砂糖漬け、ジャムなどにして食べられることが多いようです。加熱すると食べやすくなりますので試してみてはいかがでしょうか。

そんなに待てない!という人にはパウダータイプがおすすめです。アムラパウダーについて詳しくはこちら。

まとめ

アムラに苗は日本で入手可能ですが、実を収穫できるまでには4~5年かかります。

そのせいもあってか実際に家庭で育てているという人の話は見つけることができませんでした。日本で育ててもちゃんと実がなるのかというのははっきり分かりません。

パウダータイプなら入手しやすく、使いやすいのでそっちの方が手っ取り早いかもしれませんね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ