アルガンオイルはアトピーにもいい?効果的な使い方をご紹介!

Sponsored Link

アルガンオイルはアトピーにもいい?効果的な使い方をご紹介!

アルガンオイルはスキンケアに良いオイルとして話題になっていますが、アトピーでも使って大丈夫なのでしょうか?肌にいいといわれているものでも、アトピーの場合悪化してしまうこともあるので心配ですよね。

アルガンオイルのアトピーへの効果と使い方について見てみましょう。

Sponsored Link

アルガンオイルの成分

アルガンオイルとは、モロッコ原産のアルガンという植物の木の実から抽出されるオイルです。モロッコでは古代から美容や治療薬として重宝されていました。はるか昔から使われていたものというのは、それだけで効果を期待しちゃいますよね!

アルガンオイルにはオレイン酸やリノール酸、そしてパルテノン酸という脂肪酸やビタミンEが豊富に含まれています。オレイン酸というのは不飽和脂肪酸で人の皮脂にも含まれている成分です。だから、刺激も少ないのでアトピーの人でも使えるのです。

アトピーになぜいいの?

人の皮脂に近い成分を含むアルガンオイルはアトピーのケアになぜいいのでしょうか?

乾燥からお肌を守る

アトピーの人は肌の保湿力が弱くなってしまっています。カサカサ乾燥したり、かゆみがでたり、というのがつらい症状ですよね。

そこにアルガンオイルを塗ると、皮脂の代わりに肌を乾燥から守ってくれるのです!またリノール酸はお肌への浸透がいいので、表面だけでなく内側からも保湿してくれます。

さらに、ビタミンEやリノール酸には新陳代謝を高める働きがあります。アトピーの人はターンオーバーが乱れていることが多いですが、お肌の再生を正常に導いてくれるので改善効果が期待できるんですよ!

炎症を抑える

アトピーが悪化すると、弱くなった肌に外部からの刺激が加わり、炎症を起こしてしまうことがあります。アルガンオイルに含まれるリノール酸には炎症を抑える効果もあるんですよ(参照

炎症を抑えて、肌を正常に導いてくれるのでアルガンオイルはアトピーのケアにもいいといわれているんですね!

効果的な使い方

アトピーへの効果を期待するアルガンオイルの使い方

アルガンオイルをアトピーケアに取り入れるのなら、アルガンオイル単体で使うのではなく、他のアトピー用の化粧品と併用して使うのがおすすめです!アトピー用の化粧品にもアトピーを改善する成分は含まれていますから、併用したほうが当然効果がアップするんです。

いつもの化粧品でケアしたあと、人肌程度に温めた(手のひらの上で少し温めればOK)アルガンオイルを薄くのばしましょう。クリームなどに混ぜて使うのもおすすめです。肌がカサカサの状態よりも、少ししっとりしている状態の方が浸透しやすいのでお風呂上りがおすすめ!

アルガンオイルは刺激が少ないオイルではありますが、アトピーに人は肌が敏感になっていますので、まずは目立たないところで試して、徐々に使用する範囲を広げていった方が安心かもしれませんね!

まとめ

アルガンオイルはもともと精度の高いオイルで、余計なものも含まれていませんが、最近は「アルガンオイル」といっても他のオイルや化学物質も含まれているものも存在します。

アトピーのように敏感肌の方は特に、純度の高いアルガンオイルを選ぶようにしてくださいね。アルガンオイルには美容用と食用がありますが、かならず美容用を使うようにしてください。

おすすめのアルガンオイルはこちらで紹介しています:
アルガンオイルを買うならどれ?目的別おすすめをご紹介!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ