アルガンオイルの効果効能まとめ!シワやアトピー、脳にもいい!?

Sponsored Link

アルガンオイルの効果効能まとめ!シワやアトピー、脳にもいい!?

モロッコに自生するアルガンという植物の木の実から採れるアルガンオイルは、食べても、スキンケアにしてもいいと評判になっています。

体にいいオイルは他にもたくさんありますが、アルガンオイルにはどんな特徴があるのでしょうか。効果効能をまとめてみました!

Sponsored Link

アルガンオイルとは

木になるアルガンの実

モロッコで採れるアルガンという植物の木の実から搾取されるオイルです。モロッコでは古くから美容や民間療法に取り入れられていて、「モロッコの黄金」とも呼ばれています。

古くから、今まで使っている人がいるというのはそれだけで効果が期待できそうですよね!

アルガンオイルの主成分は脂肪酸ですが、不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸を豊富に含んでいます。必須脂肪酸の含有量が30~50%と他のオイルと比べて多いのが特徴です(参照

そのほか、抗酸化作用の高いビタミンEも豊富に含んでいます。

スキンケア・ヘアケアに

アルガンオイルといえば美容用!というイメージを持っている人も多いかもしれませんね。アルガンオイルは保湿効果と抗酸化作用に優れているのでお肌の様々なお悩みに効果的なんですよ。

などの肌トラブルに効果的だといわれています!敏感肌にも乾燥肌にもいいというのがうれしいですよね。ただし、アルガンオイルは皮脂に似たオレイン酸を含んでいますので、元々皮脂の多いオイリー肌の方には不向きなので注意しましょう。

顔だけでなく、ハンドケアやネイルケア、ヘアケアにも使用することができます。そのまま使用してもいいですし、お手持ちの化粧品と混ぜて使用してもOKです。

ヘアケアに関してはこちらで詳しくご紹介しています:
アルガンオイル配合のシャンプーやトリートメントの効果!傷んだ髪も修復する!?

食用にしても◎

アルガンオイルは食用にもピッタリ!

美容オイルとしてのイメージが強いアルガンオイルですが、食用のものもあるんですよ!「食べる美容オイル」ともいわれ、注目されています。

アルガンオイルは加熱せずに、そのままサラダやスープなどにかけて食べるのがおすすめです。食用にはローストタイプとノンローストタイプがありますが、ローストタイプは香ばしい香りがしてゴマ油のような感覚で使用できます。

ビタミンEが豊富なオイルなので、食用としても抗酸化作用が期待できます。お肌のエイジングケアはもちろん、生活習慣病の予防にもなるんですよ!

また、不飽和脂肪酸には悪玉コレステロールを下げる働きがあるといわれていますので(参照)コレステロール対策にもなります。他には、動脈硬化や脳梗塞の予防、アレルギーの緩和、脳の活性化などにも効果があるといわれているんですよ!

気になる方はぜひ、美容だけでなく食用のアルガンオイルも取り入れてみてください。

ただし、オイルなのでカロリーは高めです。他のオイルと併せて過剰摂取には気を付けてくださいね。

まとめ

アルガンオイルは不飽和脂肪酸が多く、必須脂肪酸の割合が多いオイルです。また、ビタミンEも豊富に含まれていて、抗酸化作用が期待できます。

スキンケアに使用すれば肌トラブルの改善、食用にすれば美容や生活習慣病の予防効果も期待できます。健康や美容週間の1つとして取り入れてみてもよいのではないでしょうか。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ