アロニアの育て方!苗からの栽培方法は?

Sponsored Link

アロニアの育て方!苗からの栽培方法は?

抗酸化作用が高く、美容や健康、そしてダイエットにもいいといわれているアロニア(チョコベリー)。体のためには定期的に摂取したいですが、日本のスーパーではまだ見かけることはほとんどないと思います。

自宅で栽培できたら、新鮮なものを好きな時に食べられるので便利ですよね!そこで今回はアロニアの育て方や苗の入手方法についてご説明していきます。

Sponsored Link

アロニアは日本でも育てられるの?

最近話題になっているスーパーフードの多くは、一定の地域で自生しているものが多く日本では気候が合わずに栽培できないものも多いですよね。

ですが、アロニアは日本でも栽培が可能です。スーパーフードなどの健康食品は続けることで効果が出ます。自分で育てられたら続けやすいのでうれしいですね。

アロニアの効果効能についてくわしくはこちら:
アロニア・メラノカルパ(チョコベリー)の効果効能とは?ダイエットにもいい?

市販のアロニアは国産のものも流通しています。北海道産や岩手県産などが多いので、寒い地方の方が育てやすいのかな?と思ったのですが、アロニアは暑さにも寒さにも強いんです!それだけでなく、初心者にも育てやすい要素がいっぱいなんですよ!(詳しくは後半で)

ガーデニングや家庭菜園の経験がない人でもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

苗はどこで買える?

アロニアの苗はどこで買える?

育てるにはまず苗が必要ですよね。アロニアの苗木は園芸店でも取り扱いがあるのでお近くにある方はまずは行ってみてはいかがでしょうか。ただし、アロニアには種類がありますので、間違えて購入しないように気を付けてください

苗を買うときの注意点!

アロニアの品種は大きく分けて2つあります。

  • アロニア・メラノカルパ:食用。黒い実を付ける品種。
  • アロニア・アルプティフォリア:鑑賞用。赤い実を付ける品種。

赤い実がきれいなのでアルブティフォリアも人気がありますが、食べられませんので注意してください。今話題になっているのは、黒い実のアロニア・メラノカルパです!アロニアを食べたい人はこちらを購入してくださいね。

ネットでも手に入る!

アロニアの苗はネット通販でも手に入れることができます。近くに園芸店がない人や買いに行く時間がない人はネットを利用してみるのもいいですね。ネットでも食用と鑑賞用が販売されているのでお間違えの無いようにしてください。

こちらの苗はすべて食用のものですよ。

アロニア チョコレートベリー(チョコベリー)《果樹苗》 1,944円(税込)
ブラックアロニア ポット苗 1本 750円(税込)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックアロニア ポット苗 1本
価格:750円(税込、送料別) (2017/5/27時点)

お値段も手ごろですので、気軽に始められそうですね!しかも、1回買えば1年だけでなく繰り返し収穫が可能なんですよ。

アロニアの育て方

アロニアは

  • 暑さにも寒さにも強い
  • 剪定が楽
  • 1本でも受粉して実ができる
  • 害虫がつきにくい

と、初心者でも育てやすい要素がいっぱいんです。しかも1本でもたくさんの実を付けるので苦労して育てたけどあまり食べられなかった、ということも少ないです。

それでは、具体的な育て方を順番に見ていきましょう。

生育サイクル

アロニアの1年の生育サイクルは以下の通りです。

  • 春:花が咲き、青い実がつく
  • 夏:葉がたくさん茂る
  • 秋:実が黒く熟す→収穫
  • 冬:葉が落ちる

葉が落ちるともう終わってしまったように感じますが、越冬してまた春には新しい目が出てきますよ!一度苗を買えば何年も楽しむことができるんです。

植え付け

アロニアを植える時期は11月から3月が適しているといわれています。(参照)春には花を咲かせますので、その前から育てるとちょうどいいんですね。

育て方のポイントは土づくりです。

  • 鉢植え:野菜用もしくは花用の培養土を使い
  • 地植え:腐葉土やピートモスなどを植え付けの2週間ほど前に混ぜておく

アロニアは土壌のphが酸性に傾くと生育障害を起こしてしまうことがあります。日本は雨が多く土壌が酸性になってしまっているため、中性やアルカリ性にさせる必要があるのです。

参照元:HORTI

肥料・水遣り

植えてから初めの2年間は乾燥しないように土の状態を見て水を上げます。ただし、土が湿気ている状態が続くと根腐れしてしまうこともあるので、水のあげすぎにも注意しましょう。

植えつけてから2年ほど経つと乾燥に耐えられるようになるので、庭に直接植えている場合は雨の水分だけで十分です。雨が当たらないところで鉢植えにした場合は適時水遣りをしましょう。

肥料は特にあげなくても問題ありませんが、実が終わった後と冬場にあげるといいでしょう。肥料もあげすぎると枝ばかり伸びて実ができにくくなるので気を付けてください。

日当たり

アロニアは日光が好きなのでできれば日当たりの良い場所で育てましょう。ですが半日陰でも問題なく育ちます。日当たりが悪いと花付き、実付きは悪くなりますが、全くできないという訳ではありません。ですから、ベランダでも収穫が可能です。

気温はマイナス10℃くらいから、35℃くらいまで耐えられるといわれているので、あまり管理場所には気を遣わなくても育ちます。

剪定

冬に葉が落ちたら剪定をします。風通しが良くなるように少し内側の枝や邪魔な枝を剪定する程度で大丈夫ですので、初心者でも安心です。

アロニアは1.5mほどまで成長しますが、あまり大きくしたくない人は枝先を少しずつ切っておくと小さくまとまります。

参照元:ガーデニング花図鑑

まとめ

アロニアの苗は食用のアロニア・メラノカルパと鑑賞用のアロニア・アルプティフォリアがあるので間違えないように購入してください。黒い実をつけるものが食用です。

アロニアは比較的簡単に育てることができます。水不足にさえならなければ実が収穫できるというので初心者でもチャレンジしやすいですね。

ただし、アロニアの実は苦くて生だとおいしく食べることができません。加熱すると食べやすくなるのでジャムやジュースにするのがおすすめですよ!

アロニアのおいしい食べ方はこちら:
アロニアってどんな味?おいしい食べ方をご紹介!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ