キヌアのカロリーは高い?ダイエットに使ってみたい方は必見!

Sponsored Link

キヌアのカロリーは高い?ダイエットに使ってみたい方は必見!

色々な栄養が豊富に詰まっていて、健康・美容に様々な恩恵をもたらしてくれるキヌアですが、ダイエットをしている方はカロリーも気になるはずです。いくら体に良いとはいえ太ってしまうことは避けたいことでしょう。

そこで今回は、キヌアのカロリーについてのお話とダイエットに役立つ知識をまとめてご紹介します!キヌアなら食べながら美しく痩せたいという欲求にきっと応えてくれるはずです!お見逃しなく!

Sponsored Link

 

ダイエットをサポートする栄養

まずはこちらをご覧ください。

炭水化物 タンパク質 脂質 食物繊維
キヌア 57.0g 2.5g 0.3g 7.0g
精白米 37.1g 2.5g 0.3g 0.6g
玄米 35.6g 2.8g 1.0g 2.8g

引用:キヌアの魅力が60秒で分かる必読まとめ

 

これはキヌアに含まれる栄養の一部を100gあたりで比較したものです。炭水化物と脂質をはじめとした、ダイエットにはあまりありがたくない成分をはじめとして全ての成分でキヌアの含有量の多さが目立ちます。

 

ではダイエットに良いを成分の効果をピックアップしてみます。

タンパク質は、細胞や毛髪、筋肉といった体そのものを構成するためにとても重要な成分です。豊富なタンパク質で健康な筋肉を維持することは体の代謝を支えることになります。つまり脂肪燃焼にも繋がるわけです。

食物繊維はお通じを良くしてくれる作用があることは皆さまもご存知のことでしょう。腸内をキレイにすることで栄養の吸収が良くなり、体が必要以上に食べ物を欲することを抑えられます。また、腸内をキレイにすることは代謝活動にも良い影響が出ます。

炭水化物と脂質の多さも、豊富なタンパク質と食物繊維があるためそれほど気にすることはないでしょう。

 

気になるカロリーは?

ダイエットで最も気になるのキーワードがカロリーでしょう。いかにカロリーを摂らずに食事をするかということをテーマに、これまで様々なダイエット方法が生まれてきました。

  • キヌア  368kcal
  • 精白米  168kcal
  • 玄米   165kcal

実はカロリーでは立場が逆転しています。それも結構な大差ですよね。これではダイエットに向かない食品というイメージを持ってしまうかもしれません。

 

しかし、実際はそんなことありません!これにはカラクリがあります。この表は生の状態、茹でたり炊いたりする前のデータなのです。キヌアを生のまま食べる方はそうそういるものではありません。

実際に食べる状態にしたキヌアと米には決定的な差があります。それは膨張率です。米は炊くことによって約2倍に膨らみますが、対してキヌアは約5倍の大きさになるのです。これは、満腹になるまで食べた場合、キヌアの方が低カロリーに抑えられることになります。

その上でタンパク質や食物繊維も豊富に取り入れることができるわけですから、ダイエットの強い味方になることでしょう。

 

まとめ

キヌアはスープに入れて良し、サラダにトッピングしても良し、お菓子に混ぜ込んでも良しと色々な料理に使うことができるのも大きな魅力です。普段から食べているものに加熱調理したキヌアを入れるだけでカロリーカットをすることも可能でしょう。

ダイエットは自分との闘いです。普段から食べ慣れている料理に混ぜて食べることでストレスの軽減も図れ、体の負担を減らすことにもなります。体を上手にコントロールして、健康的で美しいダイエットを目指してみてくださいね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ