キヌアのレシピ・ごはん編

Sponsored Link

キヌアのレシピ・ごはん編

その高い栄養バランスで注目されているキヌアですが、今回はごはん物のレシピ情報をまとめてご紹介しましょう!ただ白米に混ぜて炊くだけじゃ面白くないですもんね!

日本人と大変馴染みの深いごはんとの組み合わせをマスターできれば、毎日楽しくキヌアを摂取することができるでしょう!ぜひチェックしていってください!

Sponsored Link

 

レーズンとパセリの不思議キヌアごはん

レーズンとパセリの不思議キヌアごはん

レーズンとパセリというごはんと合わせるイメージがない食材を使った、変わり種のごはんレシピです。

材料です。

  • キヌアごはん・・・茶碗2杯(300g)
  • レーズン・・・40g
  • くるみ・・・4粒
  • パセリ・・・2束(15g)
  • 塩・・・小さじ1/3
  • コショウ・・・少々

作り方です。

  1. キヌア1合を目の細かいザルなどで2~3回水洗いしてください。お米2合をいつものように研ぎ、キヌアとお米と水3カップをお釜に入れて炊飯器で炊きましょう。
  2. くるみは軽く刻み、フライパンで炒ります。パセリは細かく刻んでおきましょう。
  3. キヌアごはんにレーズン、くるみ、パセリを入れて混ぜあわせ、塩コショウで味を整えれば完成です。

少ない材料で面白いごはんが出来上がります。ワンプレートに載せれば、ご自宅でカフェのようなごはんが楽しめますよ!

参考:レーズンとパセリのキヌアごはん

 

あさりと舞茸のキヌア炊き込みご飯

あさりと舞茸のキヌア炊き込みご飯

南米生まれのキヌアと日本の家庭料理である炊き込みご飯が組み合わさった、日本人に舌に合わせたごはんレシピです。

材料です。

  • キヌア・・・1/2合
  • 米・・・2合
  • あさり缶・・・1缶
  • 舞茸・・・1パック
  • ニンジン・・・5センチ
  • ダシ用昆布・・・5センチ
  • みりん・・・大さじ1と1/2
  • 酒・・・大さじ2
  • しょう油・・・大さじ3
  • 水・・・適宜

作り方です。

  1. キヌアと米を一緒に研ぎ、2合分の水を入れておきます。
  2. あさり缶は汁だけをお釜の中に入れ、みりん、酒、しょう油も入れておきましょう。水が2合半より少なければ水を足してください。この時、ダシ用の昆布も入れてください。
  3. ニンジンは小さく千切りにし、舞茸は根本を落として半分の長さに切り、手で細かくほぐしましょう。
  4. 水分が浸るようにニンジン、舞茸、あさりをお釜に入れましょう。
  5. 材料を全てお釜に入れて30分以上置いてから、炊飯器のスイッチを入れてください。
  6. 炊きあがってから10分ほど蒸らし、昆布を取り出して底の方から具が行き渡るように混ぜて完成です。

あさりと舞茸の旨味が楽しい、和風キヌアごはんです。おこげを作ってみると良いかもしれませんね!

参考:キヌア✿あさり✿舞茸ご飯

 

キヌアの鮮やかチキンピラフ

キヌアの鮮やかチキンピラフ

パプリカとアスパラを使って、目でも楽しめる彩り鮮やかなピラフのレシピです。

材料です。

  • キヌア・・・1合
  • 米・・・1合
  • パプリカ(赤・黄)・・・各1/2個
  • アスパラガス(またはブロッコリー)・・・2本
  • ウェイパー(または中華ダシ)・・・大さじ1
  • 鶏もも肉・・・1枚

作り方です。

  1. キヌアと米を研ぎます。鍋に研いだキヌアと米と3合分の水、ウェイパーを加えて強火で加熱します。沸騰したら火を弱くして20分ほど炊きましょう。水が足りなくなったら少し水を足してください。
  2. キヌアご飯を炊いている間に、鶏肉両面にクレイジーソルトをふりかけ、グリルなどで焼きましょう。パプリカは1センチ角に、アスパラはラップに包んで600Wのレンジで1分ほど加熱して細かく斜め切りにしてください。
  3. 炊きあがったキヌアご飯にスライスした鶏肉とパプリカを入れ、蓋をして蒸らしましょう。仕上げにアスパラを載せれば完成です。

炊飯器で炊くより、鍋で炊いたほうが美味しく炊けます。お好みでレモンを添えると酸味が良いアクセントになるかもしれませんね!

参考:キヌアのいろどりピラフ*チキンのせ

 

まとめ

いかがでしたか?どれもすぐに作れそうなものばかりではないでしょうか!これらは一例です。アイデア次第で様々なごはんレシピを作っていけるでしょう!

今回ご紹介したレシピを参考にオリジナルのキヌアごはんを作ってみてはどうでしょうか!あまり癖のないキヌアですから、面白い料理が作れるかもしれませんよ!?

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ