キヌアの炊き方は?白米と一緒に上手に炊いてみよう

Sponsored Link

キヌアの炊き方は?白米と一緒に上手に炊いてみよう

サラダにしろヨーグルトに入れるにしろ、キヌアを料理に使う際は必ず火を通しますよね?

手間がかかるのは仕方のないことですが、もっと簡単にキヌアを食べられたらなーと思っている方にお知らせです!キヌアをお米と一緒に炊いてみましょう!

キヌアは、「1粒食べれば寿命が1日増える」なんて魔法のような食べ物ではありません。毎日続けて食べていくことが大切ですから、お手軽な食べ方を覚えておいても損はないでしょう!

また、炊き方だけでなくキヌアご飯を使ったレシピもご紹介するので是非チェックしてみてください!

Sponsored Link

美味しいご飯を炊くための研ぎ方

美味しいお米の研ぎ方・炊き方

お米の研ぎ方は人によって千差万別です。ただとぎ汁が濁るからって、ついつい研ぎすぎてしまう方が多いです。研ぎ方一つでも炊き上がった時の味わいが変わりますから、まずは上手なお米の研ぎ方をおさらいしておきましょう!

  1. 一番最初に入れる水は、浄水器を通した水を使いましょう。水道水のカルキ臭が米につかないようにするためです。
    2~3回、底の方からすくうように混ぜたらすぐに水を捨てましょう。 
  2. 水を入れず、野球のボールを握るような指の形を作り、20回ほど優しくゆっくりとかき混ぜます。同じ方向に円を描くようにしてください。
  3. 20回かき混ぜたら水を加えて、底の方からすくうように軽くかき混ぜてから水を捨てましょう。とぎ汁が底の方に溜まっているためです。
  4. 2と3の行程をもう一度繰り返せば完了です。

現在のお米は非常にキレイに精米されていますから、サッと優しく洗うだけで十分です。逆に、精米から1年以上経過したお米はしっかりと研いでください。

以上のことを踏まえてキヌアとご飯を炊いてみましょう!

お米と一緒にどうやって炊くのか

上手な研ぎ方をマスターしていれば怖いものはありません。キヌアと一緒に炊くとは言え特別な行程を挟むこともありません。

使うキヌアの量は、お米に対して10%~20%ほど。お米とは別で、目の細かいザルを使ってキヌアを洗ってください。洗い終わったらお米と混ぜあわせましょう。炊飯する際の水の量は、各炊飯器の白米の炊き方に合わせておけば大丈夫です。

このようにそれほど手間はかかりません。興味が湧いた方はすぐ実践してみましょう!

サッと作れるひと品

せっかくキヌアと白米の炊き方を覚えたわけですから、応用して立派なご飯にしたいですよね。そこでこんなレシピはどうでしょうか?

塩昆布とツナの炊き込みご飯

ツナ缶を1つと、塩昆布を少し入れて炊くだけです。塩昆布とツナの海の旨味が楽しめるお手軽な炊き込みご飯になっています。

まとめ

キヌアを美味しく炊いて健康的な食事を

いかがでしたか?一緒に炊くといってもそれほど神経質になる必要はなく、簡単にキヌアを食べる手段としてとても重宝するはずです。

キヌアはお米より糖質が少ないのでダイエットをしている方の強い味方になるでしょう!上手にキヌアご飯を炊いて、効率よくキヌアを摂取してみてくださいね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ