グリーンコーヒーのダイエット効果と副作用。口コミもご紹介!

Sponsored Link

グリーンコーヒーのダイエット効果と副作用。口コミもご紹介!

グリーンコーヒーにはダイエット効果があると今、話題になっています。

元々アメリカで注目され、日本にもその波がやってきました。グリーンコーヒーとは普通のコーヒーとはどう違うのでしょうか?

気になるダイエット効果や、副作用はないのか。実際に飲んでいる人の口コミもご紹介していきます。

Sponsored Link

グリーンコーヒーとは?

コーヒーといえば、黒というか濃い茶色ですが、グリーンコーヒーというのは何なのでしょうか。その名の通り、豆も緑色をしています。

ですが特別なコーヒーという訳ではなく、コーヒー豆を焙煎する前の状態なんです。コーヒーは生豆を炒って焙煎することで苦味や酸味など独特の風味が生まれます。色も緑色から茶褐色、黒へと変わっていきます。焙煎の仕方で味も変わってくるので、重要な工程ですよね。

コーヒーをおいしく味わうには焙煎が欠かせませんが、ダイエットや健康には焙煎する前の生の豆がいい、ということなんです。

焙煎する前のコーヒーは美味しくないという訳ではありませんが、一般的なコーヒーとは全く違い、ハーブティーのような味わいです。コーヒーの味を期待して飲むとがっかりするかもしれません。

味や淹れ方について詳しくはこちら:
グリーンコーヒーってどんな味?入れ方や通販の販売店もご紹介

普通のコーヒーとはどう違う?

コーヒーは焙煎することで独特の風味が出ておいしくなりますが、加熱することによって失われてしまう成分もあります。その1つがクロロゲン酸です。クロロゲン酸はポリフェノールの一種です。普通のコーヒー1杯にも200mgほど含まれますが、グリーンコーヒーはその5倍の1,000mgほど含まれるとも言われています。(参照)(参照

なぜダイエットにいいの?

グリーンコーヒーがダイエットに効果的な理由

グリーンコーヒーに多く含まれるクロロゲン酸には、ダイエットにいい効果がたくさんあるんですよ。

脂肪燃焼効果

クロロゲン酸には、脂肪燃焼効果があるといわれています。また、脂肪の蓄積を抑える効果もあるんですよ。

「脂肪を消費させやすくする」というヘルシアコーヒーには、一般的なコーヒーの2倍のクロロゲン酸が含まれています。(参照)グリーンコーヒーは一般的なコーヒーの5倍といわれているので、さらにダイエット効果が期待できそうですね!

血糖値の上昇を抑える効果

食後に血糖値が急上昇すると、インスリンが分泌されて血糖値を正常に戻してくれます。これは体にとって大切な働きですが、インスリンには体に脂肪を溜め込んでしまうという働きもあるんです。数年前からブームになっている「食べる順番ダイエット」も血糖値を急上昇させないことが目的です。

第23回国際コーヒー科学会議では、ラットとヒトにおいてクロロゲン酸が血糖値の上昇を抑制するという研究結果が発表されています。脱カフェイン生コーヒー豆抽出物(ノンカフェインのグリーンコーヒー)を市販のおにぎりと一緒に摂取したところ、30分後の血糖位置が、グリーンコーヒーを飲んでいない場合に比べて低下したのです。

参照元:UCC

血糖値の上昇を抑制する効果があるのなら、ダイエットだけでなく糖尿病の方や糖尿病予防にもいいですよね。

グリーンコーヒーダイエットのやり方

グリーンコーヒーダイエットの方法はとっても簡単です。1日数杯グリーンコーヒーを飲むだけです。飲む量については明確な決まりがありませんが、カフェイン量で考えると1日2~3杯がベストなのではないでしょうか。

飲むタイミングでおすすめなのは以下の通り。

  • 食事の前:血糖値の上昇を抑える
  • 運動の前:脂肪燃焼効果をサポートする

飲みやすいタイミングで飲んでみてくださいね。

グリーンコーヒーの飲み方についてはこちらの記事でご紹介しています:グリーンコーヒーってどんな味?入れ方や通販の販売店もご紹介

実際の口コミは?

グリーンコーヒーの実際に飲んでいる人の口コミを見てみましょう。

グリーンコーヒーの口コミはまだそれほど多くはありませんでしたが、痩せたという口コミもあるので試してみる価値はありますよね。当たり前のことかもしれませんが、グリーンコーヒーだけに頼らず、他のダイエットと併用すればさらに効果はアップします。

副作用は大丈夫?

グリーンコーヒーに副作用はある?

クロロゲン酸にはダイエットにいい効果がありますが、大量に摂取すると便秘になるともいわれています(参照)。ですが、1日数杯飲む程度でしたら問題ないでしょう。

カフェインの影響は?

グリーンコーヒーのカフェインの量は、一般的なコーヒーよりも少ないと記載されているインターネットページもありますが、明確な量は分かりませんでした。

カフェインも取りすぎると頭痛や胃痛など副作用がありますので、飲み過ぎには注意しましょう。気になる方はカフェインレスのコーヒー豆を使用することをおすすめします。

グリーンコーヒーの淹れ方や豆の販売店はこちらでご紹介しています:
グリーンコーヒーってどんな味?入れ方や通販の販売店もご紹介

まとめ

グリーンコーヒーは通常のコーヒー豆を焙煎する前の生のコーヒー豆のことを言います。

焙煎すると減少してしまうクロロゲン酸を豊富に含むので

  • 脂肪燃焼
  • 脂肪の蓄積の抑制効果
  • 血糖値の上昇を抑制

に効果があるといわれています。

ダイエット効果をアップさせるには、食事の前もしくは運動前に摂取するのがおすすめです。

クロロゲン酸は大量に摂取すると便秘になるといわれています。また、カフェインの摂りすぎも心配ですので、1日2~3杯を目安にしてください。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ