グリーンコーヒーってどんな味?入れ方や通販の販売店もご紹介!

Sponsored Link

グリーンコーヒーってどんな味?入れ方や通販の販売店もご紹介!

ダイエット効果があると今話題になっているグリーンコーヒー。

”コーヒー”という名前がついていますが、一般的なコーヒーの味とはどう違うのでしょうか?入れ方にも違いがあるのかどうか気になりますよね。

また、グリーンコーヒーが買える通販の販売店もご紹介します。

Sponsored Link

グリーンコーヒーはどうやって飲むの?

グリーンコーヒーとは、焙煎する前の生のコーヒー豆のことです。焙煎されると減少してしまうクロロゲン酸が豊富なのでダイエットにいいといわれています。

ダイエット効果について詳しくはこちら:
グリーンコーヒーのダイエット効果と副作用。口コミもご紹介!

グリーンコーヒーの基本的な入れ方

グリーンコーヒーの入れ方は主に3つあります。

1.ペーパードリップ

一般的なコーヒーと同じようにペーパードリップで入れることができます。入れ方は普通のコーヒーと全く同じです。粉全体にお湯がいきわたるように入れるのがポイントです。

コーヒーメーカーでも入れることはできますが、お湯で蒸らしながらゆっくり入れたほうが有効成分のクロロゲン酸が多く抽出されるそうです。

2.ティーバッグ

グリーンコーヒーはティーバッグでも飲むことができます。お茶用のティーバッグが100円ショップなどで販売されています。

  1. ティーバッグにグリーンコーヒーを入れる
  2. ティーカップもしくはティーポットにティーバッグとお湯を入れる
  3. 蓋をして2~3分蒸らす

普段コーヒーよりもお茶をよく飲む人はこの方法の方が手軽かもしれませんね。

3.飲み物に溶かす

グリーンコーヒーには粉末のものもあり、飲み物に溶かして飲むことができます。普通のコーヒーやお茶はもちろん、味噌汁などに溶かして飲むこともできますよ。

ここがポイント!

飲み方はどれも簡単ですが、ポイントを抑えるとさらに有効成分が多く抽出されます

  • 沸騰したてのお湯を使う
  • 硬水より軟水を使う

クロロゲン酸は熱に弱いですが、100℃くらいでは問題ありません。焙煎するとクロロゲン酸が減少するのは、クロロゲン酸が分解される180度を超えてしまうからです。

90-95℃のお湯がいいと記載されているページもありますが、85℃を下回ってもクロロゲン酸の抽出量が減るというデータもあります。冷ましてかえって抽出量が減ってしまう可能性もあるので、沸騰したてのお湯の方が間違いないですね。

また、日本の水道水は軟水ですので問題ありませんが、ミネラルウォーターを使用する場合は軟水かどうか確認してください。エビアン、ペリエ、コントレックスなどは硬水ですのでグリーンコーヒーを入れるには不向きです。

参照元:CiiNii論文

味はどんな感じ?

グリーンコーヒーの味はどう?

グリーンコーヒーの気になるお味は・・・コーヒーの味を期待しているとびっくりするかもしれません。あの独特の風味は焙煎することによって生まれるのです。

グリーンコーヒーは、色も薄い緑色で緑茶のような感じです。味はコーヒーよりもハーブティーに似ています。美味しいという人もたくさんいますが、中には大豆みたいな味で苦手、という人もいます。

飲みにくい人は工夫してみよう!

飲みにくいなと感じる場合は、他のものをプラスしてみるのもおすすめです。

  • ハチミツ
  • 牛乳
  • 生姜
  • ココナッツオイル

などを入れると風味が変わるので飲みやすくなります。

特に蒸し生姜を利用すれば体が温まって代謝アップが期待できますし、ココナッツオイルにもダイエット効果が期待できるのでおすすめです!

蒸し生姜について詳しくはこちら:
蒸し生姜の効果効能は?冷え性や低体温も改善する!?

ココナッツオイルについて詳しくはこちら:
ココナッツオイルコーヒーでダイエット!量はどの位入れればいいの?

通販で買える販売店

グリーンコーヒーは焙煎する前のコーヒー豆ですので、コーヒー専門店で購入することができます。生のコーヒー豆は昔からあるものですので、「グリーンコーヒー」というより「生のコーヒー豆ありますか?」と聞いた方が伝わりやすいかもしれません。

もちろん、通販でも購入できます。飲みやすいパウダー状のものなどもありますので健康のために習慣にするにはこちらのほうがいいかもしれません。

【生豆限定】 ガテマラSHB ウエウエテナンゴ パーチメント (パーチメント時1kgパック)

パーチメントとは、精製される前のコーヒー豆です。お米でいうと玄米のような感じですね。この殻をむくと生の豆、グリーンコーヒーが出てきます。精製して生の豆の状態にして注文することができます。生の豆になると800g前後です。

自宅で豆をひきたい人はこちらのコーヒー豆がおすすめです。

有機JAS認定グリーンコーヒーパウダー150g ペルー原産 !オーガニック100%無添加

こちらはアラビカ豆を使用したグリーンコーヒーパウダーです。使いやすいパウダータイプなので、そのまま飲むだけではなく飲み物に溶かして飲むこともできますよ。

50gのミニサイズもあるので、初めての方はこちらで試してみるのもおすすめです。

GREEN COFFEE IN SACHETS(ティーバッグ)4g×60袋

グリーンコーヒー専門店のものです。ティーバッグタイプなので手軽に入れることができますね。少々お値段は高いですが、簡単に飲めるので続けやすいと思いますよ。

サプリメントも

グリーンコーヒーにはサプリメントもたくさんあります。味が苦手な人や毎日の健康習慣にしたい人はサプリメントも便利です。

ただし、サプリメントにもカフェインは含まれますので他にコーヒーやお茶を飲み過ぎないようにしてくださいね。

グリーンコーヒー ダイエットサポート 90粒

こちらで45日から60日分なのでお手頃価格ですね。アメリカ製のサプリメントです。クロロゲン酸を50%配合していますよ。

LABRADA社 グリーンコーヒー ビーン エクストラクト 60カプセル

こちらはコーヒー豆のような形をしたサプリメントです。こちらで約1カ月分です。

まとめ

グリーンコーヒーは、コーヒーよりもハーブティーに近い味わいです。

普通のコーヒーと同じようにドリップしたり、ティーバッグで飲んだり、粉末を溶かして使うこともできます。お好みの方法で摂取してみてください。

アメリカではグリーンコーヒーダイエットが大ブームになっているので、サプリメントも数多く存在します。ダイエットに定期的に飲むにはサプリメントも便利ですね。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ