ココナッツオイルでアトピーが悪化することもある?赤ちゃんに使っても大丈夫?

Sponsored Link

ココナッツオイルでアトピーが悪化することもある?赤ちゃんに使っても大丈夫?

健康やダイエットにいいと注目されているココナッツオイル。アトピーの緩和にも効果があると注目されていますよね。

もちろん、効果には個人差があると思いますが、悪化してしまうことはないのでしょうか?また、赤ちゃんに使っても大丈夫なのかどうかも気になりますよね。

今回はココナツオイルがアトピーに与える悪影響についてお話しします。

Sponsored Link

ココナッツオイルでアトピーが悪化することはあるの?

アトピーにいいといわれていても、アトピーの人は肌が弱いので実際に使ってみるには勇気がいりますよね。アトピーにいいといわれているものを使ったのに悪化してしまった、なんていう経験を持っている人も少なくないのでは?

ココナッツオイルの場合は、悪化してしまう危険性はないのでしょうか?

調べてみたところ、今のところはココナッツオイルを使ってアトピーが悪化したという報告はありません。オーガニックタイプのもので、無添加のものを使えば肌に悪いものはありませんので、悪化する危険性は少ないと思います。

ただし、ココナッツオイルに限らず人によっては合う、合わないというのはあります。初めて使う時はパッチテストを行ってから使ったほうが安心です。

赤ちゃんに使っても大丈夫?

赤ちゃんにココナッツオイルは大丈夫?

大人は大丈夫でも小さな子どもや赤ちゃんの場合はどうなのでしょうか?子供のこととなるとより心配になりますよね。

赤ちゃんでもアトピーになってしまうことはあります。赤い湿疹ができるのです。赤ちゃんは我慢することができませんので、気になって触ったり、掻いたりして症状が悪化しやすいです。

 

病院では生後4カ月から赤ちゃんの治療が始まります。治療法はステロイドの投与です。ステロイドは長期間使っていると副作用が出ることがあるので、大人でも避けたい人も多いです。赤ちゃんに使うのにはさらに抵抗がありますよね。赤ちゃんにはできるだけ薬を使いたくない!という人も多いと思います。

そんな方にはココナッツオイルがおすすめです。ココナッツオイルは自然のものですので、副作用はありません。ベビークリームなどと同じように生後すぐから使用することができますよ。

ラウリン酸は母乳にも含まれる成分!

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸には、抗菌作用と抗炎症作用があるのでアトピーの症状の改善が期待できます。このラウリン酸は母乳にも含まれる成分ですので、赤ちゃんにも安心という感じがしますよね。

さらに、ココナッツオイルには免疫力を向上させる効果や保湿効果もあります。アトピーが緩和するかどうかは個人差がありますが、肌に悪いものではないので赤ちゃんにも安心して試せますよ。

まとめ

ココナッツオイルは自然のものです。オーガニックで無添加のものであれば悪化の心配もありませんし、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

ココナッツオイルがアトピーにいい理由はさまざまありますが、肌を乾燥から守ってくれることは確かです。気になる方はまずは試してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ