ココナッツオイルを選ぶならどれ?おすすめのメーカーは?

Sponsored Link

ココナッツオイルのおすすめメーカーは?

ダイエットや健康、スキンケアなどにもいいとココナッツオイルがブームになっていますよね!

以前は輸入物を扱っているお店やネットでしかなかなか手に入りませんでしたが、今は一般のスーパーでも手に入るところが増えています。簡単に手に入るようになったのはうれしいですが、種類が多いとどれがいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、ココナッツオイルを選ぶコツとおすすめのメーカー5つをご紹介します!

Sponsored Link

ココナッツオイルの選び方は?

比較的簡単に手に入るようになったココナッツオイル。私は100円ショップで売っているのも見かけてびっくりしました。簡単に手に入るのはいいですが、品質に差はないのでしょうか?

中にはココナッツオイルが少し入っているだけという商品もあります。ココナッツオイルでダイエットや健康などの効果を得たいのなら品質のいいものを選びたいですよね。そのためには、選ぶ基準を知っておきましょう。

ヴァージンタイプを選ぼう!

ココナッツオイルには種類がいくつかありますが「ヴァージンココナッツオイル」と記載されているものを選びましょう。ヴァージンココナッツオイルというのは、天然のココナッツオイルという意味です。つまり、精製したり、保存料を加えたりなど、化学処理を行っていないものです。

化学処理をしているとココナッツオイルの有効成分が半減してしまっているので、ヴァージンタイプが断然おすすめです!「RBDココナッツオイル」というのは化学処理を行っているものなのでおすすめできません。

さらに、「エクストラヴァージン」というタイプもあります。本来ならヴァージンタイプよりもランクが上です。ですが、エクストラヴァージンと表記するのにとくに条件などはないそうです。ですから必ずしもヴァージンタイプよりも品質がいいとはいえないようですね。ですからエクストラかどうかは特に気にする必要はないんですよ!

中鎖脂肪酸の量もチェック!

ココナッツオイルを選ぶのにもう1つ確認しておきたいのは「中鎖脂肪酸」の量です。ココナッツオイルがダイエットや健康にいいといわれているのは、ほとんど中鎖脂肪酸の効果ですよね。ですから、中鎖脂肪酸の含有量が高いものを選びましょう!

中鎖脂肪酸の含有量60%以上のものを選ぶのがおすすめです!中には中鎖脂肪酸の含有量が表示されていないものもありますが、表示されていないということはあまり多くはないのではないでしょうか。

おすすめココナッツオイル5選!

それでは具体的におすすめのメーカーのココナッツオイルをご紹介しますね。ココナッツオイル選びの参考にしてみてください。

1.有機JAS認定 ココナッツオイル オーガニックエクストラバージンココナッツオイル 500ml

 

有機栽培のエクストラヴァージンココナッツオイルで、中鎖脂肪酸の含有量は61.69%です。高品質ながら500mlで1,380円(しかも送料も無料!)というお手軽さも嬉しいですね。

2.ココナッツオイル エキストラバージンココナッツオイル 【240g×1本】 有機JAS認定 オーガニック100%

 

こちらも有機栽培のエクストラヴァージンココナッツオイルです。240gですので、ココナッツの味が口に合うかどうか不安という人が初めて試してみるのにもよいのではないでしょうか。お得な3本セット、5本セットもありますので気に入ったらセット購入がおすすめです。

3.オーガニック・ココナッツオイル AngelBeanブランド 有機JASヴァージン 220ml

 

同じく、有機栽培のエクストラヴァージンココナッツオイルです。中鎖脂肪酸を最大64.8%と高配合しています。220mlのものと420nlのものがあるのでお好きな方を選んでくださいね。420nlもしくは220nl2本以上で送料無料です。

4.BUSINESSPEOPLE ,INC ココナッツオイル 500ml

 

フィリピンの政府も認めたというココナッツオイルです。中鎖脂肪酸のラウリン酸を53.8%と高配合しているのが特徴です。もちろん、オーガニックのエクストラヴァージンココナッツオイルですよ!

5.ココナッツエンジェル 75g

 

こちらはスキンケア用におすすめのココナッツオイルです。こちらもヴァージンタイプで無添加ですので、お肌の弱い方でも安心ではないでしょうか。

まとめ

ココナッツオイルの選び方と、おすすめのメーカーのものを紹介してきました。

ココナッツオイルの値段はピンキリですが、お値段は安めでもよいものはたくさんありますよ!高いほうがさらにいいような感じもしてしまいますが、続けられなければ意味がないですからね。

きちんと続けられる値段かどうかというのも選ぶ基準に比較してみてくださいね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ