ココナッツオイルでアトピーへの効果を感じたいならお風呂の「前」がおすすめ!

Sponsored Link

ココナッツオイルはお風呂の前がいい?

ココナツオイルはアトピーにも効果があるといわれていますよね。中でも最も効果が高いのはお風呂に入る前に塗ることです。

普通、お風呂上がりに塗ったほうが効果があるような感じがしますが、なぜお風呂の前がよいのでしょうか?

Sponsored Link

ココナッツオイルはアトピーにいい!

健康やダイエットにいいというイメージが強いですが、ココナッツオイルはアトピーにも効果があります。しかも、食べても体に塗ってもいいんです!

体に塗ると・・・

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸とビタミンEには抗菌作用があり、アトピーの原因となる細菌から体を守ってくれます。また、ラウリン酸には炎症を抑える効果もあり、赤みが気になるときにもおすすめです。

食べると・・・

リノレン酸には免疫力を調整する働きがあります。アトピーは免疫が異常になっていることで起こりますので緩和が期待できます。また、デトックス効果もあり、体の毒素を排出することでも緩和が期待できます。

お風呂の前に塗るのがおすすめ!

アトピーケアならお風呂前に

ココナッツオイルをアトピー緩和のために使うのなら、できるだけ効果が期待できる方法がいいですよね。より効果を得るのなら、お風呂に入る「前」に塗るのが一番だといわれています!

普通、ボディケアはお風呂上がりに行いますが、なぜお風呂の前がいいんでしょうか?

正常な肌の場合、ターンオーバーといって肌は自然と生まれ変わります。古い角質は自然とはがれ、新しい角質が出てくるんですね。ですがアトピーの人は古い角質が固まってしまったり、はがれすぎて血が出たりしてしまうんです。ターンオーバーがうまくできていないんですね。

 

角質が自然と落ちるようになるには「水分」と「油分」が必要です。アトピーの人の肌は乾燥しているので水分も油分も足りない状態。それを補う方法がお風呂の前にココナッツオイルを塗ることなんです!

  1. お風呂に入る1時間前にココナッツオイルを塗る
  2. ココナッツオイルはスプーン1杯ほどの量を手で温めてから患部とその周りに薄く塗る
  3. 湯船につかって肌をやさしくなでる

こうすることで古い角質が自然に落ちるのをサポートしてくれるんですよ。ひっかくなど無理にはがさないように注意してくださいね。直接肌に塗るほかにココナッツオイルを湯船に入れても保湿効果がありますが、まずは体に塗ってみるのがおすすめです。

お風呂上りはどうする?

アトピーの人はとにかく肌を乾燥させないことが大切です。お風呂上りも肌が乾燥しやすいのでしっかり保湿しましょう。保湿クリームなどを塗ってもいいですが、もう一度ココナッツオイルを塗るのもおすすめですよ。ココナッツオイルは保湿効果が高いので、アトピーの人だけでなく乾燥肌の人にも愛用されています。

肌の弱い人は、何を塗ればいいのか迷ってしまいますが、無添加のヴァージンココナッツオイルなら肌荒れの心配も少ないです。

まとめ

ココナッツオイルを肌に塗るとアトピー緩和の効果が期待できます。とくに、お風呂の前に塗ることでターンオーバーを促進させるので根本から解決できるかもしれませんね!

必ず緩和するとは言い切れませんが保湿効果があることは確かです。肌へのリスクも少ないので試してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ