ココナッツオイルの効能は?糖尿病の予防にもなる?

Sponsored Link

ココナッツオイルの糖尿病への効果

ダイエットや認知症の効果で良く知られているココナッツオイル。体に良いものみたいだけれど、糖尿病の人が摂取しても大丈夫なのでしょうか?

食事制限の多い糖尿病とココナッツオイルの関係について見てみましょう!

Sponsored Link

糖尿病の人が食べても大丈夫?

糖尿病になると色々と食事制限が出てきますよね。とくに、カロリーや糖質には気を付けなくてはいけません。ですから、食べられないものも出てきてしまいます。

ココナッツオイルなんて、あんまりよくなさそうだけど・・・。と思われる人もいるかもしれません。たしかに、ココナッツは甘いイメージがあって糖質が多そう!そしてオイルは油ですからカロリーも高いですよね。

ですが、ココナッツオイルに含まれる糖質は実は0gなんです!甘いイメージがあるのは糖分をプラスしたココナッツジュースやデザートのせいかもしれませんね。

カロリーはありますので過剰に摂取するのは禁物ですが、糖尿病の人でも安心して摂取できる食材なんですよ。

糖尿病の予防にもなる!

ココナッツオイルは、糖尿病の人が食べても大丈夫、というだけでなく糖尿病の予防にも効果があるといわれているんです。

糖尿病になると、血糖値を下げる「インスリン」がうまくつかえなくなったり、分泌されなくなったりします。糖尿病予備軍の時点では「インスリン抵抗性」という状態になり、インスリンの効きが悪くなります。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、インスリン抵抗性を改善する働きがあると最近の研究で分かってきました。普通、私たちの体は脂肪酸やブドウ糖からエネルギーを作っています。ですがこれにインスリンが必要となるんです。中鎖脂肪酸の場合、栄養を吸収するときにインスリンを必要としません。ですからインスリンを分泌させるすい臓への負担も少なくなり、インスリン抵抗性の改善が期待できます。

インスリン抵抗性を改善することで糖の代謝良くなるのでダイエットにも効果が期待できます。糖尿病の人にとってダイエットは必要不可欠ですからこれはうれしいですよね!

参照元:白澤メソッド ココナッツオイルが糖尿病に効く!

 

ただし、糖尿病とココナッツオイルについてはまだ研究段階であり、すべての人に必ず効果がある!というものではありません。ですが、悪影響を及ぼすとは考えにくいので試してみる価値はあるのではないでしょうか。

どんな摂取方法がいい?

ココナッツオイルの摂取方法

先ほどご紹介した研究の結果では、1日100mlのココナッツオイルを摂取していたようです。大さじ2~4杯(30~60ml)ほどの摂取の人が多いようですが、糖尿病の効果を感じるにはこのくらいの量が必要なんですね。

ただし、一度に食べると下痢などが起こる可能性があるので、初めはスプーン1杯ほどから試してみて、徐々に量を増やすことをおすすめします。

 

ただし、気を付けたいのはカロリーです。ココナッツオイルは健康に良いといえど油です。カロリーは一般的なサラダ油などと変わりません。ですから、普段の食事に+ココナッツオイルにしてしまうとカロリーオーバーになる危険性が!糖尿病の人はとくに避けたいですよね。

ですからおすすめなのは普段料理に使っている油をココナッツオイルに替えること!

そうすればカロリーが増えることはありません。ただし、独特の風味がありますので、まずはオムレツやカレー味の炒め物などで試してみてください。また、揚げものにつかうとカラッと揚がってさめてもおいしいですよ。

コーヒーなどに入れて摂取する場合は、カロリーオーバーにならないように他で調整してくださいね。ダイエット効果を高めるには、糖質制限を一緒に行うと効果的です。

詳しくはこちら:
ココナッツオイルの効果!ダイエットの正しい方法は?

まとめ

ココナッツオイルは、糖質が0gですので糖尿病の人でも問題なく使うことができます。

インスリン抵抗性を改善する効果もあるといわれていますので、糖尿病や糖尿病予備軍の人にもおすすめですよ。ただし、カロリーは他の油と変わりませんので、カロリーオーバーにならないように気を付けてくださいね。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ