ココナッツミルクのダイエットレシピ!簡単で美味しいのは?

Sponsored Link

ココナッツミルクのダイエットレシピ!簡単で美味しいのは?

ココナッツミルクをダイエットに取り入れるのならどんなレシピがいいのでしょうか?

ココナツミルクを使った料理はたくさんありますが、中にはカロリーが高くダイエットに不向きなものもあります。せっかくココナッツミルクを摂取していたのに逆効果になってはもったいないですよね。

そこで今回は、ココナッツミルクのおすすめダイエットレシピをご紹介します。

Sponsored Link

ココナッツミルクはいつ摂取すればいい?

ココナッツミルクには、ココナッツオイルと同じように中鎖脂肪酸が含まれているのでダイエット効果があると今注目を集めています。ダイエットの詳しい方法はこちら(ダイエット 方法へ)で詳しくご説明していますが、基本的にはココナッツオイルのダイエット方法と同じです。

食事の3~4時間前にココナッツミルクを摂取することで、体内にケトン体が発生します。ケトン体が体内に入っていると食べたものが脂肪になりにくく、太りにくくなるんですよ!さらに、糖質制限を同時に行うと、ケトン体が糖質の代わりにエネルギーとなり脂肪を燃焼してくれるといわれています。

ですからダイエットとしてココナッツミルクを摂取するなら朝食の代わりと、昼食と夕食の間の食間がおすすめです!

おすすめ朝食メニュー

ココナッツミルクを朝食の代わりにするのなら、おすすめはスムージーです!野菜や果物と一緒にスムージーを作ればビタミンやミネラルもしっかり摂ることができますよ。ビタミンやミネラルもダイエットに欠かせませんからね。

小松菜とココナッツミルクのスムージー

小松菜とココナッツミルクのスムージー

参照元:小松菜とココナッツミルクのスムージー[クックパッド]

小松菜とバナナ、パイナップルを適当な大きさに切り、ココナッツミルクと水を1:1にしてミキサーで混ぜるだけです!普段からグリーンスムージーを作っているという人は、いつものレシピで水を半分ココナッツミルクに変えるだけでもOKですよ。

ポイントはココナッツミルクと水は1:1で入れること。ココナッツミルクを全量使ってしまうと味も濃いですし、カロリーも高くなってしまいます。ココナッツミルクはダイエットにいい成分が入っていますが、カロリーは牛乳よりも高いので注意してくださいね。

また、粉末タイプのグリーンスムージーで水とココナツミルク1:1で割ってみるのもおすすめですよ。

ココナッツミルクのカロリーについて詳しくはこちら:
ココナッツミルクのカロリーは?糖質は多いの?少ないの?

フルーツとココナッツミルクのスムージー

フルーツとココナッツミルクのスムージー

参照元:フルーツとココナッツミルクのスムージー[クックパッド]

グリーンスムージーが苦手な方はフルーツだけのスムージーでもおいしいですよ。こちらのレシピですと全量ココナッツミルクになっていますが、おすすめは水と1:1です。

フルーツたっぷりなので美容効果も期待できそうですね!他に好きなフルーツを組み合わせてみてももちろんOK。マンゴーやバナナなど南国のフルーツとも相性ばっちりです。

おすすめ間食メニュー

続いて、間食におすすめのメニューです。朝食の代わりは多少カロリーが高くなっても大丈夫ですが、間食の場合は抑えたいところです。

ですから、コーヒーにココナッツミルクを加えるだけでもOKです。カップ1杯に対して大さじ1杯くらいが目安ですが、お好みで調整してみてください。甘くない飲み物に混ぜるのが一番おすすめです。

コーヒーだけでは物足りないという時はこんなレシピはいかがでしょうか。

ココナッツミルクコーヒーゼリー

ココナッツミルクコーヒーゼリー

●レシピ

  1. ゼラチンを水でふやかす
  2. コーヒーを作り熱いうちにゼラチンを混ぜる
  3. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす
  4. 固まったら上にココナッツミルクをかけて食べる

参照元:ココナッツミルク珈琲ゼリー[クックパッド]

ゼリーですが、砂糖などを使用していないんですね。ココナッツミルクの自然の甘みで食べるゼリー。まさにダイエットにぴったりです。ただコーヒーを飲むだけよりも食べごたえがあっていいですよね!

まとめ

ココナッツミルクのレシピはたくさんありますが、ダイエットに取り入れるのなら朝食と間食がおすすめです。プラスで料理に使用してもいいですが、まずは1日2回取り入れるようにしてみるといいですよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ