ココナッツミルクは栄養たっぷり!話題の効果効能は?

Sponsored Link

ココナッツミルクの栄養と効果効能

ココナッツオイルに続き、ココナッツミルクの栄養にも注目が集まっています!

オイルより少しなじみのあるココナッツミルクですが、どんな栄養が含まれていてどんな効能効果が期待できるのでしょうか?ココナッツミルクのパワーに迫ってみました!

Sponsored Link

どんな栄養が含まれているの?

ココナッツオイルが注目されたからといってココナッツミルクまで・・・と思っている人も多いかもしれませんね。私も最初はそう思っていました。

ですが、ココナッツオイルとココナッツミルクはじつはココナッツの同じ部分「胚乳」からできているんです!原料が同じですので当然成分も同じ物が含まれています。

ココナッツミルクにも注目の栄養素、ラウリン酸を含む中鎖脂肪酸がたっぷり含まれています。その他、カリウム、マンガン、マグネシウム、鉄分などのミネラル、そして葉酸やビタミンEなどのビタミンも含まれています。ですから栄養たっぷりなんです。

ココナッツオイルとは製法が違うので栄養素が全く同じという訳ではありませんが、負けず劣らずの栄養素といえますね!また、ココナッツミルクの中鎖脂肪酸は乳化されているので、オイルそのものを摂取するよりも吸収がいいともいわれているんですよ!

ココナッツオイルとミルクの違いについて詳しく知りたい方はこちら:
ココナッツミルクってパウダーやオイルとはどう違うの?

ココナッツミルクの効果効能は?

では、ココナッツミルクにはどんな効果効能があるのでしょうか?中鎖脂肪酸が含まれているので、ココナッツオイルと似た効果効能が期待できるんですよ!

ダイエット効果

ココナッツミルクのダイエット効果

まず挙げられるのはダイエット効果ですね!中鎖脂肪酸には中性脂肪やコレステロールになりにくいという特徴があります。

また、中鎖脂肪酸が吸収されるときに「ケトン体」という物質を発生します。このケトン体は脂肪を燃焼する効果や、食べたものを脂肪にしにくいという効果があるんですよ!

ただし、ただココナッツミルクを摂取すれば痩せるというのではなく、ちょっとコツが必要。これはココナッツオイルの場合も同じですよ。食事の3~4時間前にココナッツミルクやオイルを摂取するとダイエット効果がアップします。さらに、糖質制限を一緒に行うと効果大です!

ココナッツミルクのダイエット効果について詳しくはこちら:
ココナッツミルクダイエットはオイルよりもいい?方法や1日の摂取量は?

糖尿病の予防や対策に

ココナッツミルクは糖質が高そうなイメージがあるかもしれませんが、実はその逆で牛乳などよりも糖質が低いんです。ですから、ダイエットだけでなく糖尿病で糖質制限をしている人も積極的に利用しているんですよ。

また、中鎖脂肪酸にはインスリン抵抗性を改善する効果もあるという研究結果ももあるんですよ。全ての人が改善するという訳ではありませんが糖質が少ないのは事実ですし、ダイエット対策にもなるので取り入れてみてもよいのではないでしょうか。

参照元:白澤メソッド ココナッツオイルが糖尿病に効く!

ココナッツミルク糖質について詳しくはこちら:
ココナッツミルクのカロリーは?糖質は多いの?少ないの?

中鎖脂肪酸と糖尿病の関係について詳しくはこちら:
ココナッツオイルの効能は?糖尿病の予防にもなる?

他にもこんな効果が期待できます!

ココナッツミルクに含まれる中鎖脂肪酸には他にもこんな効果が期待できます。

  • 風邪予防
  • アトピーやアレルギーの改善
  • 認知症やアルツハイマーの改善
  • 美肌効果
  • 便秘解消

ココナッツオイルもココナッツミルクも健康にいいといわれているのはほとんどが中鎖脂肪酸の効果効能です。中鎖脂肪酸の含有量はココナッツオイルの方が多いですが、ココナッツミルクの方が吸収率がいいといわれていますので同じような効果が期待できるんですよ!

まとめ

ココナッツミルクには中鎖脂肪酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。ですからココナッツオイルと同じような健康効果が期待できます。

とくに、中鎖脂肪酸のダイエット効果や糖尿病の改善、認知症の改善効果には注目が集まっています。必ず効果があるとは言い切れませんが、体に悪いものではないので気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ