シリカ水は安全?副作用が出ることはないの?

Sponsored Link

シリカ水の副作用

健康や美容に良いといわれ注目されているシリカ水。体に良いものだからこそ、逆に副作用はないの?と心配になってしまうかもしれません。

今回はシリカ水の副作用についてまとめました。飲む前にチェックしてみてください。

Sponsored Link

シリカ水の副作用は?

シリカというのはケイ素のことです。シリカ水は文字通りケイ素の多い水ということですね。ケイ素はシリカ水以外にも多くの植物に含まれている成分です。厚生労働省からも安全性が認められているので安心ですよ。安全性が高い27種類の栄養素の1つとされているくらいなんです。

 

ケイ素は人の体の中にも存在する成分ですので、シリカ自体に副作用はないといわれています。

シリカ水にはケイ素以外の成分も含まれていますが、シリカ水を飲んで副作用が起こったということはありません。製品化されるまでにはさまざまな検査を受けていますからほぼ安全と考えてよいでしょう。

ですが、シリカ水を飲んで一時的に体調が悪くなるケースもあるんです。それはどういう場合でしょうか。

胃腸が悪い人は注意が必要

シリカ水には便秘を解消する働きもあるため、飲み過ぎるとお腹をくだしてしまうことがあります。胃腸が弱い人は注意が必要です。

好転反応が起こることもある?

シリカ水は健康に様々な効果があるといわれています。体が体質改善していく過程で、好転反応が起こる場合もあります。

好転反応というのは、人によって様々ですが、こんな症状が出ることがあります。

体のだるさ、肌荒れ、下痢など

これは体の中の毒素を出しているため一時的にでる反応です。毒素が出れば体質が改善されていくのでご安心くださいね。万が一不調が続く場合は摂取を中止したほうがよいでしょう。

硬水か、軟水かによっても違う

硬水か軟水か

シリカ水には硬水のものと軟水のものがあります。日本の水道水の水は軟水です。硬水は栄養価が高い、ダイエットにいいなどと人気ですが注意も必要なんです。

硬水にはたくさんのミネラルが含まれています。消化吸収されにくく飲み始めは下痢になってしまうこともあります。とくに赤ちゃんや子供は胃腸が未発達ですので硬水を与えないほうがよいでしょう。

また、硬水の飲み過ぎはミネラルの過剰摂取につながることもありますので気を付けてください。

水の飲み過ぎもNG!

シリカ水は普通の飲料水と考えて構いませんが、飲料水自体飲み過ぎには注意が必要なんです。とくに、心臓病や腎臓病、高血圧症などの人は飲み過ぎに注意です。

体内の水分が多くなると体がむくむ、というのはご存知の方も多いと思いますが、むくむのは足や顔だけでなく臓器も同じ

たとえば、肺の組織に水分が貯まると血性心不全といって息苦しくなります。水分の摂り過ぎでこんな病気になるなんて怖いですよね。

 

シリカ水の1日の目安摂取量は1日1リットルから2リットルが理想。シリカ水はこの量を守っても他の水やお茶などの水分をたくさん摂るのもNGですよ。

食べ物にも水分は含まれていて、1日1リットルほど摂取しています。水分の摂取は1.5リットルから2リットルを目安にし、飲み過ぎないようにしてくださいね。

ただし、汗をかいたときや喉が渇いたときに無理をする必要はありません。これはあくまで平均ですので臨機応変に水分補給してください。

まとめ

シリカ水に含まれるケイ素は厚生労働省からも認定されている安全な栄養素です。ですからシリカ水を飲んで副作用が出るということはほとんどないでしょう。

ただし、胃腸が悪い人はおなかを下したり、はじめは好転反応が出たりする場合もあります。またシリカ水に限らず水の飲み過ぎも体に良くありませんので、適量を守ってくださいね。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ