スピルリナの副作用について・ニキビ編

Sponsored Link

スピルリナの副作用 ニキビ編

様々な効果を期待してスピルリナを摂取しますが、飲み始めてから日数が経つにつれ、体調の変化を感じるはずです。それまで悩まされていた便秘が解消されたり、髪の傷みが抑えられるなど効果の出方は様々でしょう。

しかし、良いことばかりでなく、発熱や倦怠感、のどが渇きやすいといった、あまり喜ばしくない症状が出ることもあるのです。

 

今回は、スピルリナの摂取とニキビの関連性を軸に、副作用についての知識や、トラブルが起きた際の対処法をまとめていきます。しっかりと知識を身につけて、いざという時に備えておきましょう。

Sponsored Link

 

好転反応は副作用じゃない

スピルリナは、その豊富な栄養を小さな体に凝縮して詰め込んでいます。アルカリ性であることや、食物繊維が腸内をキレイにすることにより、体質を人体があるべき良い方向へと変えてくれます。

ですがその過程で、発熱や倦怠感、のどの渇きといった症状を引き起こしてしまうことがあるのです。

知らない人がこのような症状を体感したら、まず副作用と思ってしまうでしょう。副作用と思ってしまえば、摂取を止めようか考えてしまうこともあるはずです。しかし、ちょっと待ってください!

それはもしかしたら“好転反応”という現象かもしれません。

 

好転反応とは、体内の老廃物や毒素を排出する際に起こる症状を指し、副作用とはまったく性質が異なります。むしろ、体質の変化が始まったというサインですから、継続して摂取した方が良いでしょう。

それでも不安に思うかもしれません。その際は、医師や専門家に相談してみてください。

 

スピルリナとニキビと対処法

先ほど説明した好転反応の中には、吹き出物やニキビといった肌トラブルも含まれています。

美容のために飲んでいる方にとっては大変な苦痛となるでしょう。好転反応と思われる症状が出た時に、手軽で簡単にできる対処法があります。

それは水を飲むことです。大量に。

 

一日あたり2リットルから4リットルは飲んでください。冷たい水よりは、常温や人肌程度の温度の水が飲みやすくて良いでしょう。

なぜ水を飲むことが対処に繋がるのかと言いますと、好転反応は体内の老廃物や毒素を排出する際の症状と説明しました。その働きをスムーズにしてあげるために水が必要なのです。

効果的な対処法なので、いざというときは試してみてください。

 

本来スピルリナはニキビを防ぐ

好転反応でニキビが出来てしまうこともありますが、スピルリナは本来、肌のトラブルを防ぐ効果があります。

ニキビというのは、アクネ菌が増殖した際に発生していますが、スピルリナが持っているクロロフィルという成分がアクネ菌を殺菌。その結果、アクネ菌の増殖を抑えられ、ニキビ予防ができます。

スピルリナはむしろニキビ対策にも有効なのです。

スピルリナの摂取を始めてからニキビが発生しても早合点しないで、使用の継続をしてみると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

おさらいしますと、好転反応は副作用ではありません。体調不良を招いてしまいますが、体質が変化しているという証拠です。

好転反応は、ニキビを発生させてしまうことがあります。しかし本来は、スピルリナがニキビの発生を抑えてくれるのです。

好転反応が起きてしまった際は、お水をいっぱい飲みましょう!簡単にスピルリナの摂取を止めてしまうのはもったいないですよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ