スピルリナの副作用について・頭痛編

Sponsored Link

スピルリナの副作用 頭痛編

優れた栄養価で、私たちの体に様々な効果をもたらしてくれるスピルリナですが、食べ物である以上、リスク管理として副作用について知っておきたいはずです。

今回は、スピルリナの摂取で起きてしまう頭痛をテーマに、不安を払拭するような情報をまとめていきます。万が一に備えて知識を蓄えておくことが、問題が起きた際の適切な対処に繋がるはずです。ぜひ、目を通しておいてください。

Sponsored Link

 

これって副作用?

スピルリナの摂取を始めてある程度の日数(約一ヶ月が目安)が経つと、体の働きや、体調の変化を実感できると思います。

便通が良くなったり、肌の調子が良くなったり、髪にツヤが出るなど、様々な”良い変化”が起きていることでしょう。

しかし、その逆に体の倦怠感や眠気、発熱など、体調不良を思わせるような症状が出ることがあります。それはスピルリナの仕業かもしれません。

 

副作用・・・ではないかも

一見すると副作用に思われるかもしれませんが、実は違います。

これは体内に溜まった老廃物や毒素を排出しようとする体の働きであり、スピルリナの体質改善効果が現れた証拠なのです。この現象を“好転反応”と呼びます。

読んで字の如く、体の状況が好転している様であり、むしろ良い傾向と言っても過言ではありません。

食生活が乱れがちな方や女性に発生しやすいですが、誰にでも起こる現象ではありません。

もし好転反応と思われる症状が出てしまった際、不安を感じたら医師や専門家に相談すると良いでしょう。

 

好転反応の対処法

好転反応で起こる症状の一つに頭痛も含まれています。万が一発生してしまった場合の対処法をお教えしましょう。

とにかくお水を飲んでください。

1日あたり2リットルから4リットルを目安にしましょう。これは体内の老廃物や毒素の排出を促すためです。飲みやすさを重視し、常温かぬるいお湯が良いでしょう。

 

スピルリナが引き起こす頭痛

実は、他の原因で頭痛が発生してしまうリスクがあります。亜鉛の過剰摂取は頭痛や腎臓障害などを引き起こします。

スピルリナに含まれる亜鉛はとても微量ですから、まず心配ありませんが、亜鉛サプリメントなどを使用している方は注意しておいてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

好転反応は体質の改善が進んでいるという証拠です。しかし、そのことを知らないと体調不良と決めつけてしまうかもしれません。知識を蓄えたことによって、心の準備が出来るということは心強いはずです。

 

万が一好転反応が出てしまったら、まずはたくさんのお水を飲むという対処をしてみましょう。

体質の改善の成果が出ているというイメージを持つことが大切ですが、どうしても症状が耐え難い場合や不安を感じてしまったら、まずは専門家に相談してみてください。プロのアドバイスを受けることは、精神的なケアになるはずです。

スピルリナはそこまでする価値がある食品なのですよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ