スピルリナの副作用について・便秘編

Sponsored Link

スピルリナの副作用 便秘編

スピルリナには体全体の調子を整えてくれる力がありますが、その陰に潜む副作用に関してやはり気になりますよね。

体に良いという情報しか持っていない状態で、健康食品やサプリメントを使用することは望ましくありません。

今回は、便秘という副作用をテーマに様々な情報をまとめていきます。もしもの時ために知識を持っておけば、トラブルの対処や心の準備をしておけます。安心してスピルリナ生活を続けるために、ぜひご覧になっていってください。

Sponsored Link

 

副作用と好転反応

薬やサプリメントの使用には、副作用というリスクが常に付きまといます。副作用は、本来の効果の他に副次的に出てしまう作用であり、一般的に害のあるものを指しています。

スピルリナの摂取を始めて一ヶ月ほど経つと、様々な効果を実感できるはずです。しかし体に良い効果だけでなく、体の不調を思わせるような症状を起こしてしまうこともあります。

  • 熱っぽさ
  • 喉が渇きやすい
  • フラフラしてしまう
  • 胃の不快感
  • 肌荒れ、吹き出物
  • 光過敏症
  • 腹痛、下痢、便秘

以上のような症状が確認されています。今回のキーワードである便秘も含まれていて、一見すると副作用のように見えませんか?

 

どれもが味わいたくない嫌な症状ばかりですが、これらは副作用ではありません

これらの症状は“好転反応”という現象です。好転反応というのは、体の老廃物や毒素を追い出そうとする際の働きの反動であり、体質の変化が始まるという証です。体の状態が良い状態に変わっている時の反応なんですね。

 

好転反応が出てしまったら

体質の変化が始まる証だから良い傾向だと言われても、やはり不快な症状に見舞われてしまうのは嫌ですよね。好転反応は誰もが経験することではありませんが、万が一に備えて対処法を覚えておくと良いでしょう。

手軽で確実に効果があるのは、水を飲むことです。これには、体の不要物の排出をスムーズにしてあげるという意図があります。一日に2リットル~4リットルは飲んでください。常温のお水なら飲みやすいと思います。

不安な方は専門家や医師に相談してみると良いでしょう。

 

スピルリナと便秘

好転反応の中には便秘も含まれていて、大変厄介です。しかし本来は、スピルリナに含まれる食物繊維の働きにより、便通の改善効果があります。ややこしい話ですが、好転反応は一過性のものという認識を持って対処するしかありません。

無事に好転反応を乗り越えられればあなたの勝ちです!

 

まとめ

いかがでしたか?副作用と好転反応はまったくの別物です。食生活が乱れている方や、生活が不規則な方ほど好転反応が出やすいと言います。まずは、食生活や生活リズムを見直すと良いでしょう。

もし好転反応が起きてしまったら、水を飲んで対処を行いましょう。それだけでも症状が和らぐはずです。便秘も辛い症状ですが、めげずに継続して摂取することが大切で、体質の改善が進むにつれて、好転反応は徐々に治まっていきます。

好転反応という現象があるということをしっかりと胸に刻んで、トラブルに負けない心構えをしておきましょう。スピルリナのすごい力は、好転反応に耐えるだけの価値がありますよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ