スピルリナの効果でイボを治癒!さらばイボ!

Sponsored Link

4fedbefa0fd3ae759889d74c5f8b63e5_s

イボでお悩みの皆さまへ。病院での治療を受けずにイボを治せたらいいのになーと思いませんか?

実は自力でイボを克服することも可能なんですよ!その手助けをしてくれるのが今回の主役である”スピルリナ”。スピルリナとは藻の一種なのですが、これがなかなかのスグレモノなのです!

なぜスピルリナがイボに効くのかを軸に、様々な情報をまとめていきます!スピルリナを摂取して忌々しいイボとお別れをしましょう!

Sponsored Link

 

イボの原因

皆さまはイボがなぜできてしまうかご存知でしょうか?

イボは小さなキズからウィルス侵入し発生する感染症の一つなのです。その原因となるウィルスは100種以上もありますが、ほとんどの場合は自然治癒します。

 

スピルリナでの治癒を目指す前に

イボは、そのほとんどが良性のものですが、稀に悪性のものができることがあります。

ですから、素人判断で自然治癒を開始するのではなく、まずはお医者さんに診てもらうのが重要です。

参考:いぼができる原因とは

 

スピルリナには豊富な栄養が詰まっていますが、今回期待する働きは“免疫力の向上”です。先ほど説明したように、イボはウィルスによって作られてしまいます。

現代では、食生活や生活スタイルの変化によって、体内の活性酸素が必要以上に増加してしまっている傾向にあります。活性酸素自体は悪いものではなく、体内に侵入したウィルスや最近を攻撃する役割を果たしてくれています。

しかし、体内で活性酸素が増えすぎてしまうと健康な細胞にまで攻撃をしてしまい、その結果、細胞の老化や免疫力の低下を招いてしまうのです。

 

スピルリナが含んでいるビタミンE、βカロテンは活性酸素の働きを抑えこむ、抗酸化作用があります。これによって免疫力の向上が期待できるのです。また、豊富なタンパク質によって、細胞も元気にしてくれます。

 

アルカリ性が体内のバランスを整える

様々な栄養価で免疫力を高める働きをしながら、スピルリナにはまだまだイボに効果的な特徴があります。

人間の体液は弱アルカリ性であることが理想的なのですが、豊かになった生活は食生活の乱れも引き起こしやすくしてます。インスタント食品やファストフードなどは、その利便性の良さからついつい利用してしまいがちですが、習慣的に取り込んでいると体内を酸性寄りにしてしまうのです。

 

こうなってしまった場合、体はアルカリ性を維持しようと細胞や骨からミネラルを放出しバランスを取ろうとしてしまいます。体内のミネラル分が不足してしまうと、免疫力の低下を引き起こしてしまうのです。

スピルリナはアルカリ性の性質なので、体をアルカリ性に保つ手助けをしてくれることしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

イボを治すキーワードは“免疫力”です。スピルリナは、様々な方向から免疫力を支えてくれる働きがあります。

 

当然のことですが、免疫力の向上はイボだけでなく、病気に負けない体を作るためにも大切なことです。スピルリナにはイボができてから対処する力もありますが、日頃からイボに強い体を維持するためにもスピルリナを利用してみてはどうでしょう?

免疫力の向上だけでなく、美肌効果や育毛効果など様々な働きをしてくれますよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ