スピルリナの効果の裏に潜む副作用

Sponsored Link

スピルリナの副作用

様々な効果をもたらしてくれるスピルリナですが、その反面として副作用が心配という方は少なくないと思います。“おいしい話には裏がある”という教訓があるように、薬やサプリメント使用する際は、そのリスクを知っておくことが大切です。

今回は、スグレモノとして話題となっているスピルリナの、副作用に関する情報をまとめていきます。ここを読んでいただき、スピルリナの安全性について考えみてください!

Sponsored Link

これって副作用?

スピルリナの使用し始めると、例えば、便通が改善されたり、肌の調子が良くなったり、貧血の改善などたくさんの変化が起こり得ます。

しかし、体質の変化が進むにつれて“好転反応”という現象が起こってしまうことがあります。好転反応というのは体内に蓄積した毒素を体外に出そうとする反動で、皮膚に出来物が発生したり、倦怠感が出るといった症状を起こしてしまうことです。

使用を開始してから、ある程度の日数の経過(約一ヶ月前後が目安)で起こりやすく、普段の生活リズムや食事の乱れが激しいほど強い症状が出てしまいます。また、男性よりも女性のほうが発生確率は高いようです。

 

この好転反応は体質の変化の過程で起こる症状ですから、これを危険な副作用と決めつけて使用をやめてしまうのはもったいないかもしれません。不安な場合は医師や専門家と相談していただき、使用を継続するか判断すると良いでしょう。

光過敏症

気になる症状が出たらお医者さんに相談を

スピルリナには様々な栄養が豊富に詰まっていますが、その中にクロロフィルという成分があります。このクロロフィルというものは、ガン細胞の発生を抑制したり、血中のコレステロールを下げるといった効果があるのですが、その反面、光過敏症という現象を引き起こしてしまうおそれがあります。

光過敏症というのは、日光に短時間当たっただけで皮膚に炎症を起こしたり、火傷しやすくなってしまう症状です。スピルリナの使用で発生する光過敏症も好転反応の一つですが、もし光過敏症のような症状が出たら、一度使用を中止し医師の診察を受けましょう。

アレルギー反応

ほとんどの方は問題ないかと思いますが、スピルリナにも稀にアレルギー反応が出てしまう方がいるようです。その際、胃痛や吐き気といった症状が起こります。

子どもの方が反応が出やすいため、摂取させる際は十分に気をつける必要があるでしょう。

トラブルを避けるために

好転反応は体質の変化の過程で起きてしまう現象ですから、健康な体を手に入れるための通過点といえるかもしれません。

しかし、体に発生する悪い現象は誰だって避けたいはずです。

リスクを下げるために、一日の摂取量は気をつけるべきでしょう。過剰摂取しても効果が強まることはありませんから、一日あたり2gから6gを目安にしてください。

まとめ

副作用をテーマにまとめてみましたが、厳密には薬ではないので副作用というものはありません。

継続して使用していると、好転反応という症状が出ることがあるかもしれません。しかし好転反応が出たということは、体質が変わってきたという証拠です。ですから、健康な体づくりのための”通過儀礼”と認識すると良いかもしれません。

ただし、誰にでも好転反応が起こるワケではないし、アレルギーという可能性もあるので、不安を感じたら医師などに相談するようにしてくださいね。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ