スピルリナはアトピーを悪化させる?安心して利用するために

Sponsored Link

スピルリナはアトピーを悪化させる?

スピルリナには様々な栄養が豊富に詰まっており、その優れた栄養価による様々な効果を期待して摂取を始めることでしょう。

その優れた恩恵を授かりたいけど、アトピーを患っているからと二の足を踏んでしまっている方に向けて、今回はアトピーとスピルリナの関係を軸にお話をしていきます。

ここを読んでいただいて、スピルリナはアトピーを悪化させるかもというイメージを払拭してみましょう。

Sponsored Link

 

スピルリナの好転反応

健康食品やサプリメントを使用する際、やはり副作用があるのか気になりますね。効果が多いほど悪い効果も意識してしまうことでしょう。

では、スピルリナに副作用があるのかどうか?答えは“ほぼ副作用はない”です。しかし、副作用とは別に好転反応という現象が起こることが確認されています。

好転反応とは、

  • 熱っぽさ
  • 喉が渇きやすい
  • フラフラしてしまう
  • 胃の不快感
  • 肌荒れ、吹き出物
  • 光過敏症
  • 腹痛、下痢、便秘

といった症状が起こってしまう体の現象です。一見副作用のように思えてしまいますが、老廃物や毒素を排出しようとする体の代謝の反動なのです。つまり悪いことではありません。

もし好転反応のような症状が出てしまったら、お水をいっぱい飲むようにして体の排出の働きをサポートしてあげましょう。一日あたり2リットルから4リットルを目安にしてください。

 

スピルリナはアトピーを悪化させる?

好転反応は肌荒れや吹き出物といった肌トラブルを起こしてしまいます。このために、スピルリナとアトピーの相性が良くないというイメージを持ってしまうかもしれません。

しかし実際は違います。むしろ、スピルリナでアトピーに立ち向かおうとする方のほうが多いのです。このことについては次の項目で触れてみます。

 

スピルリナでアトピーに対抗する

では、スピルリナがアトピーに対しどのような効果が期待できるのかをまとめてみます。

スピルリナには、クロロフィル(葉緑素)とフィコシアニンという天然の色素が含まれています。葉緑素は血液の元となる上に、血中に混ざっているヒスタミンなどの毒素を無毒化する作用があります。

ヒスタミンがアレルギー症状を引き起こすため、ヒスタミンを無毒化することはアレルギー症状であるアトピー性皮膚炎の抑制にも繋がるはずです。

 

また、現代人は食生活や生活スタイルの変化によって体が酸性寄りになりがちです。酸性に偏ってしまうと体の免疫力の低下や細胞の老化を招くなど、好ましいことではありません。

しかし、スピルリナはアルカリ性です。人体を、本来あるべき弱アルカリ性にする手助けをし、免疫力を高めます。免疫力を高めることはアレルギー症状を抑えることになります。

つまり、スピルリナの摂取はアトピー対策に有効な手段と言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?記事をご覧になって印象が変わったのではないでしょうか。悪化させるどころか、スピルリナにはアトピー症状に対抗できる力があります!

ですが、使用する際は専門家や医師と相談してください。やはり体内に入れるものである以上、慎重に扱うに越したことはありませんからね。

「スピルリナっていいかも」と前向きになっていただけたら幸いです。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ