チアシードによる効果的なダイエットのやり方

Sponsored Link

チアシードの効果的なダイエット方法

チアシードをダイエットや体型維持に役立てる方が増えています。

チアシードは味も香りもないので幅広いレシピにマッチしやすく、1日にたった大さじ1杯を摂ればいいことから、手軽で長続きしやすいところが好評です。

 

チアシードの基本的な摂り方を守っていさえすれば、無理なく自然とダイエットをすることはできます。ですが、ちょっとした工夫でダイエット効果を上げる事が出来るなら・・・知りたいですよね?

ということで今回は、チアシードダイエットをより効果的にするやり方について取り上げていきましょう!

Sponsored Link

チアシードの満腹感を最大限に引き出すために

チアシードを紹介する情報の中には、生でも食べられると伝えているものがありますが、水にふやかした状態で食べることにより高い満腹感が得られます

やり方は簡単で、10倍近い水にひたして一晩(12時間ほど)ふやかすだけです。こうしてふやかしたチアシードは、生のままとは異なり表面がプルプルになって、食感も楽しくなります。

 

食事量を減らしたことでお腹が空くと、イライラして暴飲暴食に走りやすくなるなど、ダイエットを断念することにつながりやすいです。

チアシードでいつもお腹が満たされていれば、空腹のストレスを感じることなくダイエットが長続きするので、目標体重の達成やサイズダウンに一役買ってくれること間違いなしです♪

 

便秘解消効果を高めよう

慢性的な便秘で痩せにくくなっている方は、便秘解消に効果的な食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌を組み合わせて摂取することをオススメします。

ただチアシードは食物繊維が豊富で、玄米の約8倍もの含有量を誇るスーパーフードなので、食物繊維を一緒に摂る事は考えなくてもいいでしょう。(すでにたっぷり含まれているので)

 

乳酸菌を一緒に摂るために、チアシードをヨーグルトに混ぜるのがオススメです。(チアシードを単品で食べようとすると、味も香りもしないことから、よくヨーグルトやスムージーなどに混ぜて摂られていますね)

さらに腸内環境を整えるオリゴ糖をプラスすれば、最強の組み合わせが完成します! オリゴ糖は甘みがあって美味しい成分なので、ヨーグルトは無糖のプレーンヨーグルトで十分です。

 

チアシードだけに頼らず普段の食生活も見直すこと

いつもの食生活を振り返ってみると、太る原因が潜んでいることがあります。

チアシードを摂りつつ、それと並行して太る原因を取り除くことができれば、ダイエット効果は着実にアップします。

 

意外と見落とされがちなのは、食品添加物は太るということです。加工品はできるだけ口にしないように気をつけてみてください。

肉類は太ると思い避けてしまうことがありますが、カロリーを燃焼する筋肉はタンパク質を原料として作られています。良質な肉類や魚類、豆類などから、しっかりとタンパク質を補給するようにしましょう。

まとめ

他にも探してみると、食前にチアシードを混ぜたドリンクを飲み、満腹感を得るというアイデアもありました。早い人は1週間ほどで効果を実感できたということですから、ぜひ実践してみてくださいね。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ