チアシードは噛む?噛まない?食べ方のルール

Sponsored Link

チアシードの食べ方は噛む?噛まない?

最近話題となっているチアシード。”スゴイ”と評判ですから、こちらを読んでいる方で既に生活に取り入れられてる方も多いかと思います。

しかし、あなたに合った食べ方をしないと効果的に作用しません!イマイチ自信のない方や、これからチアシードを食べてみたいと思われている方へ向け、チアシードは”噛んで”食べるべきか、”そのまま飲み込む”べきか。

その答えをご紹介いたします!

Sponsored Link

食べ方は大きく分けて2パターン噛むor噛まない

チアシードは種です。チアシードに限らず、種の食べ方を考えることはあまりないですよね。

チアシードの場合は主に、よく噛んで食べる方法と、種をそのまま飲み込むという方法の2つに分けられます。まったく正反対の食べ方ですから、効果の出方なども変わってきます。

どちらにしても水分を吸収させるのが重要

噛む噛まない、どちらにしても乾燥した状態のチアシードを食べることはあまりオススメしません

十分に水分を含んでいないまま体内に入ると、体内の水分を吸収してしまい便秘がちになってしまいます。大量の水を含むことができるので、口の中の水分を奪ってヌルヌルした状態に・・・なんてことも。

 

何よりチアシードは種物なので、そのままだと発芽毒を持っている可能性が高いです。(毒といっても長期間食べ続けないのなら特に問題にならない程度のものだと言われているし、ちょっと食べる分には気にする必要ないかもですが)

参考:玄米には発芽毒がある

発芽毒なんてものが本当にあるのかどうか、またあったとして人体にどれほど有害なのか?というデータは見つかりませんでしたが、水に浸すことでプルプルの食感や満腹感が得られます。どちらにしても水にしっかり浸してから食べるようにしましょう。

パターン1、噛むとどうなる?

噛むという方法を選択した場合の話です。チアシードには豊富な栄養がたくさん詰まっています。なので栄養を取り込みたいという方には良い選択でしょう。

しかし、豊富な栄養を持っている反面、カロリーも少なからず蓄えられています。噛んで摂取すると、栄養の吸収は良くなりますが、同時にカロリーも一緒に吸収されてしまいます。(と言っても気にする程のカロリーではないですが)

ですから、満腹感だけを得たい方にはオススメしません。

パターン2、噛まないと?

当然ですが、噛んだ場合の逆の結果となります。栄養の吸収率が低い代わりに、カロリーの吸収も抑えられます。その代わりとなる恩恵として、満腹感だけをほぼピンポイントで得られるでしょう。

食事量を抑えたいという方にはオススメです。

より健康的にチアシードを利用するには

チアシードの効果的なダイエット方法

どちらか一方に偏った食べ方をするのはもったいないと思います。チアシードの魅力は、小さな粒の中に詰まったたくさんの栄養素と、水を含むと10倍にも膨らむ“かさ増し”の性質です。

 

朝はスムージーやヨーグルトなどで膨らんだチアシードを、噛まずに摂取してお腹を満たす。これだけで昼食までの間食や、昼食の量を減らせられる効果を期待できます。

そして毎日でなくていいのでたまには噛んで食べてください。乾燥したままのチアシードを食べるのは大変なので、水分を含ませて摂取することは同じです。

 

噛んで食べることのメリットとして、チアシードに含まれる豊富な栄養素により、美肌効果お通じの改善血糖値やコレステロール値の改善が期待できます。チアシードはサプリのような使い方もできるんです!

まとめ

いかがでしたか?噛むかどうかだけで、チアシードは全く違う力を発揮してくれるんですよ!何事もバランスが大事です。ダイエットしている方も健康的に痩せるために、たまにで良いので噛んで食べてみてください。

 

それとダイエット目的なら普通のチアシードではなくホワイトチアシードがおすすめです。おすすめのホワイトチアシードはこちら。

『ホワイトチアシード』今だけお得な+1個プレゼント!

せっかくですから美しく綺麗に痩せましょう!チアシードにはそれを手助けしてくれるパワーがありますよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ