バジルシードの食べ方!噛むのと噛まないで飲むのはどちらがよい?

Sponsored Link

バジルシードの食べ方は噛む?噛まない?

プチプチとした食感の楽しいバジルシードは、噛んで食べるのと噛まないで飲むのでは栄養価が違うのでしょうか?効果が違うのなら少しでも効果的な方法で食べたいですよね!食べ方による効果の違いを調べてみました。

Sponsored Link

バジルシードの食べ方は?

バジルシードははじめはゴマのような種ですが、水に浸しておくと30倍に膨らみます。見た目は小さなタピオカのような感じです、中にはカエルの卵みたい、という人もいますが見慣れてしまえば問題ないと思いますよ。プルプルとしたゼリーのような食感ですが味はありません。

バジルシードの詳しい戻し方はこちらをご覧ください。

バジルシードの食べ方!正しい水の量と戻し方は?

これをジュースに入れたり、ヨーグルトに入れたり、ドレッシングに混ぜたりして食べることができます。

水に戻さないでそのまま振りかけて食べるという人もいますが、種をそのまま食べると発芽毒を持っているので、水に浸けて無毒化させてから食べたほうがよいですよ。

バジルシードは食べ方によって効果が違う?

バジルシードの食べ方

バジルシードはしっかり中の種を噛んで食べるとの、そのまま噛まずに飲んでしまうのとでは効果が違うのでは?という人がいますが本当なのでしょうか。効果が違うのなら、自分にとって効果的な方法で摂取したいですよね。

ですが、調べたところ、特に食べ方による違いはないそうです。噛んで食べても、噛まずに飲んでも体の中に栄養素が入ることは同じですからね。どちらの食べ方でもバジルシードの栄養をしっかり摂取することができます。ですから、どちらの食べ方でも問題ないですよ!

噛んだ方が満腹感アップ?

栄養価は変わらなくても、しっかり噛んで食べたほうが満腹感がアップする、という意見もあります。これは、バジルシードに限らず言えることです。

噛むことで満腹中枢が刺激されるので噛んでいる間にお腹がいっぱいになるということです。ですからより満腹感をアップさせたい人は噛んで食べたほうがよいかもしれません。

 

ですが、バジルシードは小さいので1粒1粒をしっかり噛んで食べるというのはなかなか大変なんです。サッと飲めてお腹がいっぱいになるというのもバジルシードのメリットですが、噛むと時間がかかってしまいそうです。

よく噛めば満腹感がアップする、というのはバジルシードに限ったことではないので、噛みにくいバジルシードをわざわざ噛んで食べるよりも、普段からしっかりよく噛んで食べる習慣を身に付けたほうがダイエットに効果的だと思いますよ!

もちろん、噛んで食べたほうがおいしいというのでしたら噛んで食べたほうが良いと思いますが、毎日の習慣にするのなら自分の食べやすい方法で摂取するのが一番ですよ。大変でストレスになったり、続かなかったりしたら意味がないですからね。

まとめ

バジルシード噛んで食べても噛まずに食べても、その栄養価は変わりません。

噛んだほうが満腹感がアップするという話もありますが、それはバジルシードに限ったことではないので無理に噛んで食べる必要はないですよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ