ビーポーレンで副作用が出ることもある!?初めて食べるときは注意が必要!

Sponsored Link

ビーポーレンの副作用

栄養価が高くスーパーフードとして注目を集めているビーポーレン。ですが、ビーポーレンで調べていると副作用のキーワードが出てくるので気になりますよね。ビーポーレンの副作用とはどんなものなのでしょうか、注意点なども含めてみていきましょう。

Sponsored Link

ビーポーレンに副作用はあるの?

ビーポーレンを摂取して、お腹が痛くなった、気持ちが悪くなった、ということもあるようです。

これは副作用なのでしょうか?

厳密にいうと副作用というのは、薬を摂取した時に起こる症状をいいます。ビーポーレンは薬ではないので副作用ではありません。とはいえ摂取して具合が悪くなってしまったら心配ですよね。

ビーポーレンを初めて摂取するときは、胃腸がびっくりして下痢や腹痛を起こすことがあります。胃腸が弱い人は特に注意してください。

そうでない人も一度に大量に食べるとお腹を下してしまうことがありますので注意しましょう。これらの症状は一時的なもので徐々に治まってきます。ですが、摂取するたびに症状が出続けるケースもあります。それはアレルギーの場合です。

ビーポーレンのアレルギー症状は?

ビーポーレンアレルギー

ビーポーレンだけでなく、蜂に由来している健康食品はアレルギーを起こしやすいといわれています。小麦粉や乳などと同じような感じですね。起こしやすいといっても、起こさない人の方が多いですので危険なものではありません。とはいえ、アレルギーを持っている人にとっては危険です。

アレルギーの症状は人によってさまざまですが、腹痛や下痢、嘔吐、蕁麻疹などを起こす可能性があります。また、最悪の場合アナフィラキシーを起こしてしまう可能性もあります。

アナフィラキシーとは、アレルギー症状が複数出て全身に症状が出ていることをいいます。さらに呼吸困難や意識障害などがでてしまうことをアナフィラキシーショックといいます。アナフィラキシーショックは命にかかわる状態です。

ビーポーレンは健康にいいですが、食べるときは注意が必要なんですね。

色々な花粉からできているものなので、思わぬアレルギー反応が出る可能性があるんです。

他の食品アレルギーや喘息、花粉症、アトピーそして蜂に刺されたことのある人は十分に注意して摂取してください。そうでない人もアレルギーを持っている可能性はありますので、最初は食べ方に注意が必要です。

ビーポーレンを初めて食べるときはどうする?

ビーポーレンを始めて摂取するときは、ごくごく少量から始めてください。

ティースプーン半分などからです。そして1時間は注意して様子を見ましょう。1時間して問題なさそうでしたら少し量を減らして摂取してまた様子を見てください。

アレルギー以外でも胃腸に負担がかかることがありますので、初めは少量からで、様子を見ながら増やしていくという方法がよいですよ。また、空腹時に食べると胃腸に負担がかかるので避けたほうがよいかもしれません。

まとめ

ビーポーレンは体に良いものですが、体質によってはアレルギー症状が出てしまうことがありますので注意が必要です。アレルギーが出る確率はそれほど高い訳ではありませんが、始めて摂取するときは少量ずつ様子を見ながらにしてくださいね。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ