ビーポーレンは花粉症にも効果あり!?花粉で花粉症がよくなる理由とは?

Sponsored Link

ビーポーレンと花粉症

栄養価が高く、健康にさまざまな効果があるといわれているビーポーレン。

花粉症にも効果があると注目されています。花粉症は一度発症するとなかなか治りませんよね。薬では抑えられても頭がボーっとしてしまうので嫌だという人も多いでしょう。

ですからビーポーレンで花粉症がよくなるのでしたらうれしいですよね!ビーポーレンはなぜ花粉症に効果的なのでしょうか。

Sponsored Link

ビーポーレンは花粉症を悪化させないの?

ビーポーレンとは、「蜂花粉」という意味です。花粉症の原因も花粉ですが、なぜ同じ花粉で花粉症がよくなるのか不思議ですよね。かえって悪化するのではないかと心配になる人もいると思います。

ビーポーレンは花粉が原料になっていますが、スギ花粉やヒノキ花粉のように大気中を飛んでいる花粉とは少し違います。

ミツバチが集めた花粉を、体から分泌された酵素で固めたものをビーポーレンといいます。ですから花粉症の原因となっている花粉とは違うんですね。

花粉症といってもスギが原因だったり、ヒノキが原因だったり、人によって違いますよね。ミツバチが集めている花粉は、風で飛ぶスギやヒノキなどの花粉と違い、虫媒花といって粘着性のある花粉

ですからミツバチが運んでいる花粉の花粉症ということはまずないんです。とはいえ、原料は花粉です。なぜ花粉症にいいのでしょうか。

ビーポーレンが花粉症にいい理由

ビーポーレンが花粉症になぜよいのか、そのメカニズムはまだ解明されていないようです。

花粉などのアレミルゲンが体内に入ってくると、細胞から免疫系に働きかけるためにヒスタミンが放出されます。ミツバチの花粉にはヒスタミンの鎖を切る働きがあるので、アレルギー症状が和らぐのではないかといわれています。

また、ビーポーレンは栄養価が高いので免疫を調整する働きもあるので、アレルギー症状が緩和するのかもしれません。今後もっとはっきりした理由が分かるようになるとよいですね。

アレルギーが出てしまうことも!

ビーポーレンとアレルギー

ビーポーレンは花粉症の原因になっている花粉とは少し違いますが、それでもアレルゲンになる可能性もあります。特に花粉症やアトピーなどアレルギーを持っている人は注意が必要です。

始めて摂取するときはごく少量から始めてください。1時間ほど様子を見て問題がないようでしたら摂取し続けても大丈夫です。アレルギー症状が出てしまった場合は使用を中止しましょう。

でなかった場合もはじめのうちは少量から徐々に増やすようにしていきましょう。心配な方はお医者さんに相談してから摂取したほうがよいかもしれません。

まとめ

ビーポーレンは花粉症の症状も緩和する、といわれていますがアレルギーを引き起こす可能性もあるものです。アレルギーが出てしまう人はそれほど多い訳ではありませんが、ひどいアレルギーの場合アナフィラキシーを起こしてしまうこともありますので十分に注意して摂取してください。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ