ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の育て方!南国のフルーツは日本で育つの?

Sponsored Link

ピタヤの育て方
ビタミンやミネラルが豊富で、アサイーの次はこれとも言われているピタヤ。毎日続けるには自宅で栽培したいという人も多いのではないでしょうか。

自宅で栽培で来たらいつでも好きな時に食べられて便利ですよね!ですが、南国のフルーツであるピタヤは沖縄や九州の南部以外でも育つのでしょうか?

今回はピタヤの育て方をご紹介します。

Sponsored Link

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)はどこででも育てられるの?

ピタヤを育てる場所

ピタヤは沖縄や九州南部では栽培されていて、日本産の品種なども出ています。ですが、九州以北でも育てることができるのでしょうか?

ピタヤはやはり寒さには強くないですが0度までは耐えてくれます。ですから鉢植えにし、冬場は室内に入れるようにすると、沖縄や九州以外でも育てることができるでしょう。なるべく6℃から8℃までの気温をキープしておくのがベストですよ!

じつはピタヤがアサイーよりもいい、といわれている理由の一つに、日本で栽培できるというものもあるんです。アサイーは冷凍や加工品を購入するのが一般的ですが、ピタヤの場合は日本でもフレッシュフルーツを買ったり育てたりすることができます。やはり生の方が栄養をそのまま摂取できるというのもポイントなんです。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の育て方のポイントは?

ピタヤを育てるのはなんだか大変そうな気がしますが、実は意外と簡単に育てられるのです。

注意するのは日当たりと温度です。6℃までは大丈夫とはいえ、やはり暖かい気候を好むので温度には注意してあげましょう。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷり上げるとよいでしょう。ただし、果実が赤くなってきたら水を控えたほうが甘くなるといわれています。また、冬場は水を必要としないので月に1回程度与えればOKです。

果実をたくさん収穫したいのなら、植え付け後も追肥をしましょう。収穫するまでの間、液体肥料を月に1~2回、油かすに骨粉を混ぜたものを月に1回与えるとよいですよ!

また、1年で数メートルまで成長しますので、大きめの鉢にしっかりスペースを確保して植えましょう。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の栽培方法

種まき

4~6月に行います。底の浅い容器に、種が重ならないように撒き、土をかぶせます。ゆっくり水をあげて直射日光の当たらないところで育てましょう。10日ほどで芽が出てきます。本葉が2枚以上になったら鉢に植え替えましょう。

苗植え

苗から育てる場合は3月から9月に植えます。25℃~30℃が最も育ちやすいです。5月頃が最適でしょう。鉢は20cm以上あるものを用意して水はけのよい土を入れて浅く植えてください。

初めての場合は苗から植えるのがおすすめです。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の苗はどこで買える?

沖縄でしたらお花屋さんで簡単にピタヤの苗が手に入りますが、それ以外の地域の場合はインターネットを利用しましょう。

下記のお店でも苗を購入することができますよ!それほど高くもありませんので気になる方は育てみてください!

まとめ

ピタヤは自宅でも栽培することができます。気温と日光に注意すればあとは難しいことはありませんのでぜひチャレンジしてみてください。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ