ピタヤ(ドラゴンフルーツ)のおいしい食べ方をご紹介!皮のむき方や切り方は?

Sponsored Link

ピタヤのおいしい食べ方

ビタミンやミネラルが豊富で、ポリフェノールも含むことから今注目されているピタヤ(ドラゴンフルーツ)。

パフェなどに乗っていることがあるので食べたことはあるけれど、自分で切ったことはないという人も多いのではないでしょうか。

美容や健康のためには自宅で調理して毎日食べたいですよね!そこで今回はピタヤの基本的な皮のむき方、切り方から、アレンジ方法まで食べ方についてご紹介していきます。

Sponsored Link

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)はどんな味?

パフェなどに乗っているピタヤを食べたことがある人は多いと思いますが、どんな味だったか覚えていますか?じつはピタヤは派手な見た目とは裏腹に、味はとても淡白なんです。ですからあまり記憶に残っていないかもしれませんね。

ピタヤは「味がしない」と感じてしまう人も多いんです。ですが、工夫次第ではとってもおいしくなるんですよ。ピタヤのおいしい食べ方はどんな方法なのでしょうか。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の基本的な切り方

まず、見た目のインパクトが強烈ですので、どうやって切ったらよいのか、というところで戸惑ってしまいますね。まずは基本的な切り方をマスターしましょう。

  1. ピタヤをよく洗う。
  2. 縦半分にカットする。
  3. さらに縦半分にカットする。

このままスプーンですくって食べてもOKですが、両サイドから皮をむいて食べやすいサイズに切ってもOKです。イメージとしてはメロンのような感じというとわかりやすいかもしれませんね。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)のおいしい食べ方

ピタヤはそのまま食べるとやはり淡白ですが、さっぱりとした甘みがかすかに感じられます。この甘みを引き立たせるには、レモン汁をかけるといいですよ。食感はシャキシャキとしているけれどジューシーでおいしいです。

他にはどんな食べ方があるのでしょうか。

ピタヤボウル

ピタヤボウル

アサイーの次はこれ!とも言われています。ピタヤを丸々1個使うレシピです。

材料
  • ピタヤ:1個
  • バナナ:1本
  • ヨーグルト:20g
  • ハチミツ:お好みで
  • グラノーラ:適量
  • お好みのフルーツ
作り方
  1. ピタヤの皮をむき、1/4だけ細かくカットして残しておく。
  2. 残りのピダヤ、バナナ、ヨーグルト、ハチミツをミキサーにかける。
  3. 2を器に入れて、グラノーラとピタヤ、お好みのフルーツで飾る。

冷凍のミックスベリーなどを一緒にミキサーにかけてもおいしいです。ピタヤはレッドを使うと色鮮やかできれいですよ!朝食にぴったりのメニューですね。

サラダに

ピタヤは甘みが少ないう特徴から料理にも活用できます。お手軽なのはサラダです。レタスやトマトなどと一緒にカットしたドラゴンフルーツを入れるだけです。

ドレッシングは柑橘系や、イタリアン、オリーブオイルと塩だけでもおいしいですよ。
毎日サラダを食べるという人は多いと思いますので、そこにピタヤをトッピングするだけで簡単に毎日摂取することができます。市販のサラダの上に乗せてもOKですよ。ぜひ試してみてください。

まとめ

ピタヤは味が淡白ですが、ピタヤボウルにしたり、サラダにトッピングするとおいしく食べることができます。毎日スムージーを作っている人はスムージーにいれてもいいでしょう。お好みの方法で試してみてください。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ