ブロッコリースプラウトは健康効果がいっぱい!癌の予防にもなるの?

Sponsored Link

ブロッコリースプラウトガン予防

ブロッコリースプラウトは栄養価が高い!と注目されていますよね!ダイエットや肝機能を高める働きが注目されていますが、癌予防にも役立つんです!

小さな野菜のどこにそんなパワーがあるのか気になりますよね。今回はブロッコリースプラウトと癌の関係についてご説明します。

Sponsored Link

ブロッコリースプラウトの注目成分「スルフォラファン」

ブロッコリースプラウトが今注目されているのは「スルフォラファン」という成分が豊富だからです。スルフォラファンは成長したブロッコリーにも含まれていますが、新芽であるスプラウトの方が豊富なんです。なんと7倍も含まれているといわれているんですよ!

ブロッコリースプラウトの1回の目安量である20gを成長したブロッコリーで摂取するには2株分ほど摂取しなくてはいけないそうです。2株のブロッコリーを食べるのはなかなか大変ですよね。

スルフォラファンにはさまざまな栄養効果があります。

  • デトックス効果
  • 花粉症の緩和 くわしくはこちら
  • 抗酸化作用
  • ピロリ菌の除去
  • 肝機能の向上

などです。この中でも特に注目なのがデトックス効果です。

癌の予防にもなるのはなぜ?

デトックス効果というのは、体の中の毒素を外に排出することです。

私たちが食べたものは体の中で発がん物質に変わることが多々あります。そしてその発がん物質が細胞内のDNAを傷つけてしまうとがんを発症するリスクが高まるんです。

ですから、発がん物質を体に溜め込まないことこそが、癌予防になるんですね。

スルフォラファンは、肝臓の機能を向上させ、発がん物質を含む毒素を体内から排出してくれるんですよ。

また、毒素を体外に排出することで得られるのは癌予防効果だけではありません。毒素を出すことで代謝がよくなりますので、ダイエットや冷え性の解消、そして美肌効果もあるんです。どれも嬉しい効果ですよね!

ダイエット効果についてはこちらでもご説明しています。

食べるときは「生」がおすすめ!

ブロッコリースプラウトは生で食べる
スルフォラファンは加熱すると失われてしまうので、生のまま食べるのがベストです。成長したブロッコリーは生で食べることが難しいですが、スプラウトはカイワレのような感じなので生でも食べやすいんです。そういった意味でもブロッコリースプラウトは注目されているんです。

料理のトッピングにしたり、細かく切ってドレッシングに混ぜたりすると食べやすいですよ。

食べ方についてはこちらの記事もご覧ください。

よく噛んで食べるようにするとさらに効果的だとも言われていますよ!どうせならよく噛んで食べたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

ブロッコリースプラウトに含まれているスルフォラファンは、デトックス効果が高いです。発がん物質も体外に排出してくれるので癌予防の効果があります。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ