ヘンプオイルは肌にも効果的!アトピーにもよい?

Sponsored Link

ヘンプオイルアトピー

栄養価が高いと今注目を集めているヘンプオイル。

肌にもよい効果があるヘンプオイルですが、アトピーの解消にも役立つのでしょうか。

アトピーに良い理由や使い方を調べました!

Sponsored Link

ヘンプオイルの肌への効果は?

ヘンプオイルとは麻の種から採れたオイルのことです。

オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸という必須脂肪酸がバランスよく含まれていることで注目されています。必須脂肪酸はお肌に必要なセラミドの生成などに欠かせません。

ですがそれだけでなく、必須脂肪酸以外にも美容によい成分がたくさん含まれています。

まずはビタミンです。ビタミンACEとも呼ばれる、美容によいビタミンA,C,Eをすべて含んでいます。抗酸化作用もあるので美肌効果が期待できます。

その他にも、必須アミノ酸が9種類すべて含まれているんです。油にアミノ酸というのはちょっとイメージにないかもしれませんが、ヘンプオイルには含まれているんですね。

しかも、大豆よりも消化吸収がされやすい形で含まれているので効率よく摂取できるのです。

アミノ酸はすべての種類がそろっていないとたんぱく質が合成されません。たんぱく質は皮膚を作る成分ですので、美肌に欠かせませんのでしっかり摂取することが大切ですよ。

ヘンプオイルはアトピーにも効果的!

ヘンプオイルでスキンケア

ヘンプオイルは、欧米ではアトピー性皮膚炎の治療にも使われているそうです。

ヘンプオイルに含まれている必須脂肪酸のひとつγ-リノレン酸は健康な肌を作るのに役立ってくれます。そして、プロスタグラジンE2という、炎症を抑える物質の原料にもなってくれるんです。

γ-リノレン酸は植物オイルにほとんど含まれていない成分ですが、ヘンプオイルには最大5%も含まれているのです。

アトピーの人は必須脂肪酸が不足している可能性がありますので、ヘンプオイルで補うことで症状が緩和することがあるんです。

アトピーの人はお肌が敏感なので、ヘンプオイルが体に合うか心配になるかもしれませんね。ヘンプオイルはアレルギーや副作用もほとんどないようなので安心して使用できますよ。

心配な方は少量から始めてみてくださいね。

アトピーに良い摂取方法

アトピー緩和のためにヘンプオイルを使用する場合はどのような方法がよいのでしょうか。

まずは食品として摂取することです。1日の摂取目安量は大さじ1~2です。ヘンプオイルは熱に弱いので、サラダにかけるなど出来上がった料理にかけて食べてください

また、ヘンプオイルは化粧品に含まれていることもあります。ですから、お肌に直接塗ることもできるんですよ。

使用する前にはパッチテストを行うと安心です。まずはお肌の目立たない場所に塗って数時間様子を見てくださいね。

市販のヘンプオイル入りの化粧品を使うのもよいですが、今使っている化粧水や乳液、美容液などに混ぜて使うこともできます

ただし、お子様の場合は植物油に含まれる活性成分が強く働いていしまう可能性があるので注意してください。

まとめ

ヘンプオイルはアトピーにも有効な成分が含まれています。直接塗っても摂取しても使用できますよ。

効果には個人差がありますが、なかなか治らないアトピーに悩んでいるのなら試してみてもよいのではないでしょうか。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ