ホワイトチアシードとブラックチアシードの違いとは

Sponsored Link

ホワイトチアシードとブラックチアシードの違い

チアシードという名前を、最近ではあちこちで耳にするようになりました。チアシードについての記事などを読んでいて知ったのが、ホワイトチアシードブラックチアシードという種類があることです。

今回はホワイトチアシード(サルバチアシードとも呼ばれます)とブラックチアシード(普通のチアシード)はどんな違いがあるのか?まとめてみました。

 

Sponsored Link

チアシードの色や膨張の割合

雑誌などのメディアで一般的によく取り上げられているのはブラックチアシードの方で、黒色をしています。ホワイトチアシードはサルバチアシードと呼ばれることもあり、白色のみに統一されています。

ダイエット目的でチアシードを選んでいるときは、食べて満腹感が得られるという特徴を大いに利用しています。水にひたすと膨張するのですが、ホワイトチアシードは14倍、ブラックチアシードの方は10倍にも大きくなります。

 

含有する栄養素の違い

共通する栄養素がありますが、含有量の数値が少し例えば、異なります。

チアシードの種類 αリノレン酸 リノール酸 オレイン酸 ステアリン酸 パルミチン酸 脂質 タンパク質
ホワイトチアシード 64.3% 17.4% 6.8% 3.3% 6.7% 31.8% 14.2%
ブラックチアシード 63.3% 17.3% 7.0% 3.7% 6.7% 31.2% 15.6%

「Ch-Ch-Chia! Health Benefits and Recipes of The Super Seed」(英語サイトです。中央の表より)

 

ホワイトチアシードはチアシードの中から色が白く、栄養が豊富なものを選び抜いて栽培したものです。何度も繰り返し選別を行い、品種改良を重ねてできたものがホワイトチアシードです。ブラックチアシードに比べて栄養をたくさん摂取することができ、安定した品質が提供されています。

 

お料理の見栄えがよくなる

チアシードは、さまざまなお料理に加えて楽しむことができます。香りや匂いがしませんから、お料理の風味を邪魔することがありません。

見た目の美しさを意識するなら、黒色が目立つブラックチアシードよりもホワイトチアシードの方が人気があります

 

まとめ

ホワイトチアシードとブラックチアシードの特徴がおわかりいただけましたでしょうか。見た目の美しさにこだわりたいなら、ホワイトチアシードの方が適しています。チアシードが多くのメディアで取り上げられるようになったことで、輸入食品を扱うお店などを初め扱うお店がだいぶ増加しました。

品質の安定感や見た目がいいことなどから、ホワイトチアシードの人気が続きそうです。以前より入手しやすくなっていますので、ぜひ一度試してみてください。

 

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ