マカで不妊対策!摂取量と期間はどのくらいで効果が出るの?

Sponsored Link

マカの摂取量

マカは不妊対策にいいと注目されています。実際にマカを飲むようになって妊娠したという人も多いので期待してしまいますよね。

マカで不妊対策をするには1日の摂取量はどの位がいいのでしょうか。また、期間はどの位で効果が出るのでしょうか。

Sponsored Link

マカは不妊対策にいいと人気!

マカは男女ともに不妊対策になると評判になっています。

男性の場合

勃起機能の改善に効果があるといわれています。即効性はないですが、その分安全性も高く「天然のバイアグラ」とも呼ばれています。

また精子の活性化にも効果があるといわれています。軽度の乏精子症と精子無力症に効果があるともいわれているんですよ。

男性の妊娠力アップ効果について詳しくはこちら。
⇒マカの男性不妊の効果効能は?妊娠力がアップする理由は何!?

女性の場合

女性ホルモンのバランスを整える働きがあるといわれていますが、これについては医学的な証拠はないようです。逆にホルモンバランスが崩れてしまうケースもあるので注意しましょう。

ただしマカにはさまざまな栄養素が含まれているので栄養バランスを整えるのに役立ってくれます。足りない栄養を補うことで妊娠力アップにもつながっていくのではないでしょうか。

また、冷え性緩和効果もあります。不妊で悩む人は冷え性というケースが多いので冷えを緩和することも大切ですよね。

女性の妊娠力アップ効果について詳しくはこちら。
⇒マカの効果効能!女性の妊娠力もアップする!?

男女両方に嬉しい効果

男女両方に性欲がアップする効果があるといわれています。妊娠には性行為の回数も大きくかかわってきます。妊活を続けていくと回数が減ってしまうカップルも少なくないので性欲がアップするというのは不妊の改善にもつながってくるのではないでしょうか。

また、疲労回復効果もありますので、疲れてなかなか時間が取れないという人にもおすすめです。男女両方に良い効果があるので夫婦で摂取するのがおすすめですよ。

マカの1日の摂取量は?

マカの摂取量

マカの1日の摂取量は1,000mgから3,000mgが目安だといわれています。ただし、他の成分との兼ね合いなどもありますので、サプリメントに記載されている摂取量を守ってくださいね。

また、副作用が出ることもありますのではじめは少量から摂取したほうがよいでしょう。

食品ですので食べ方に決まりはないのですが、1日の摂取量を数回に分けて摂取するのがよいでしょう。

空腹時に摂取すると、胃もたれしてしまうこともありますので、食後に摂取するのがおすすめです。粉末の場合は食事と一緒に摂りましょう。

どのくらいの期間摂取すれば効果が出るの?

マカの不妊への効果=妊娠。と考えるとどのくらいの期間でと考えるのはなかなか難しいですよね。

飲んで3カ月ほどで妊娠したとという人も結構多いですし、中には1カ月で妊娠した人も。とはいえ必ずしもマカの効果だったのかというと、はっきりとは言い切れません。

 

体質を改善するには時間がかかります。だいたい2~3カ月頃から徐々に変化するケースが多いです。できれば半年ほど摂取してみるのがおすすめです。

ただし、マカを摂取して反対にホルモンバランスが崩れてしまった、というケースもあります。異変を感じたら摂取を中止してくださいね。マカの不妊への副作用についてはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

マカで不妊に効果があったという人はたくさんいます。体質改善には時間がかかるので最低でも2~3カ月。できれば半年ほど続けてみてはいかがでしょうか。

1日の摂取量は商品の記載に従ってくださいね。副作用が出る場合もありますのではじめは少量から摂取してみてください。

男女ともに不妊に良い効果があるといわれていますが、体質に合わない場合もあります。副作用が出てしまったら使用を中止してくださいね。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ