マカダミアナッツオイルの肌への効果!どんな使い方ができる?

Sponsored Link

マカダミアナッツオイルの肌への効果!どんな使い方ができる?

スキンケアにいいと今話題になっているマカダミアナッツオイル。あのハワイ土産としておなじみのマカダミアナッツが原料になったオイルですが、他の美容オイルとはどう違うのでしょうか?

マカダミアナッツオイルの使い方や効果について見てみましょう!

Sponsored Link

マカダミアナッツオイルの肌への効果

マカダミアナッツオイルに含まれる脂肪酸は不飽和脂肪酸のオレイン酸やパルミトレイン酸です。特に、パルミトレイン酸には抗酸化作用があるので、アンチエイジングに効果的だといわれています。また、血管を強化し、血行を良くする働きもあるので、肌の調子もよくなるんですよ!

さらに、マカダミアナッツオイルは肌に浸透しやすい(非常に肌に馴染みやすい)という特徴を持っています。せっかくよい成分が配合されていても吸収されなければ意味がありません。他のオイルに比べて抜群の浸透力を持つマカダミアナッツオイルはスキンケアオイルとして注目されているんです。

スキンケアの使い方は?

さまざまな方法でスキンケアに使えますので1つあると便利なオイルです。

普段のスキンケアに

マカダミアナッツオイルは浸透率の高いオイルですので保湿効果に優れています。乾燥肌の方はもちろん、普段のスキンケアに取り入れるのがおすすめです。美容液の代わりにしたり、化粧水や乳液などを付けたスキンケアの最後に使うのがおすすめ!(参照

ただし、マカダミアナッツオイルを最初に使うとブースターの代わりになってその後に使う化粧品も浸透しやすくなると記載されている記事も多いですが、残念ながらオイルがブースターになるというのは根拠のないことのようです。(参照

クレンジングオイルとして

美肌の第一歩はクレンジングや洗顔だという人もいるほど、クレンジングはお肌にとって大切です。

マカダミアナッツオイルはオイルですから、メイクなじみがよく、少量手に取ってメイクとなじませると浮き上がってきます。これをふき取るだけでしっかりメイクも落とすことができますよ。1つあれば色々な使い方ができるので旅行の時などに便利ですよね!

ヘアケアに

スキンケアだけでなく、髪の毛に使用すると乾燥を防いで艶のある髪の毛に導いてくれます!

ヘアケアについてはこちらで詳しくご紹介しています:
マカダミアナッツオイルの髪への使い方!洗い流さないトリートメントにも!

ボディケア・ハンドケアに

他には、マッサージオイルとして使ったり、ハンドクリーム代わりにしたり、ネイルケアにも使用できます。オイルなのに伸びやすいので少量で済むというのもポイントかもしれませんね!

食用をスキンケアに使ってもいいの?

食用マカダミアナッツオイルをスキンケアに使って大丈夫?

マカダミアナッツオイルにはスキンケア用のもののほかに、食用のものもあります。食用のものの方が比較的安価ですが、食用のものをスキンケアに使ってもいいのでしょうか?

原料は同じですので、食用のものを使っても問題はありません。ちなみに、スキンケアの商品の方がしっかり精製されているものが多く滑らかで使用感はいいです。ですが精製されている分栄養成分が減ってしまっているものも。どちらがいいとも言い切れない部分ですね。

また「食用は余計なものが入っているものが多いので、肌に塗るとトラブルになることも」というような記載もよく見かけますが、肌に塗って異常が出るようなものを体の中に入れる方が怖いと個人的には思います。

食用でもスキンケア用でもそれぞれ質の違いはありますので、肌が弱い人などは特に品質の良いものを選びたいですね!

おすすめのマカダミアナッツオイルはこちらでご紹介しています:
マカダミアナッツオイルのおすすめは?食用とスキンケア用でご紹介!

まとめ

マカダミアナッツオイルは化粧水導入液やクレンジング、ボディケア、ヘアケアなどさまざまな方法で美容に取り入れることができます。1つのオイルで色々なことができるというのは便利ですよね!

さまざまなメーカーからマカダミアナッツオイルが発売されていますが、食用でもスキンケア用でも品質の良いものを選びたいですね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ