マカダミアナッツオイルの脳への効果!おすすめの食べ方は?

Sponsored Link

マカダミアナッツオイルの脳への効果!おすすめの食べ方は?

美容オイルとしても有名なマカダミアナッツオイルは、食事に取り入れても様々な効果があると注目されています。今回は中でも「脳」への効果についてまとめてみました。

脳卒中や脳梗塞の予防や改善にも効果的だといわれているマカダミアナッツオイルを食生活に取り入れてみませんか?

Sponsored Link

マカダミアナッツオイルの脳への効果

マカダミアナッツオイルオイルは脳にいいと世界一受けたい授業でも紹介されました。脳にいいオイルといわれてもイマイチピンと来ないかもしれませんが、どういうことなのでしょうか。

脳は私たちの体の中でも重要な場所ですよね。そのため、厳重に守られています。ですから、限られた栄養素しか脳に入ることができません。食べたものが何でもかんでも脳に届く訳ではないのです。化学調味料や添加物などの成分も脳に届いてしまったらどうなるか・・・考えてみるとちょっと怖いですよね。

体に悪いものは通さないわけですが、ガードが堅いので体にいい成分も脳には届かないものが多いんです。脳まで入っていけるのはアミノ酸、ブドウ糖、そして脂肪酸の一部だけです。マカダミアナッツオイルに含まれている脂肪酸のパルミトレイン酸は、脳に届く数少ない栄養素の1つなんです!

パルミトレイン酸には、血行を良くし動脈硬化を防ぐ働きがあります。脳の血管でも働いてくれるので脳卒中や脳梗塞の予防効果が期待できるんです!

また、ちょっと古いですが、脳梗塞のリハビリにも効果があったという記事もあります(参照)1996年にすでに脳卒中に効果があるのではないかという研究がされていたということになります。

糖尿病の予防にも!

また、マカダミアナッツオイルは糖尿病の予防や、合併症の予防にも効果があるといわれています。糖尿病と脳卒中、脳梗塞の予防ができるというのはうれしいですよね。

また、糖尿病になると脳卒中のリスクが高まるといわれているんですよ!他には悪玉コレステロールの低下にも効果があるといわれていますので、健康のために摂取したい油だといえますね!

糖尿病の効果について詳しくはこちら:
マカダミアナッツオイルの効果は糖尿病予防にも!合併症予防にもいい?

おすすめの食べ方は?

マカダミアナッツオイルのおすすめの食べ方

健康にいい油の中には加熱に弱いものもありますが、マカダミアナッツオイルは熱に強いので、普段使っている油の代用として使えます。炒め物だけでなく、揚げ物でもOKなんですよ!175℃が沸点(参照)だといわれていますので、それを超えないようにしてくださいね。

マカダミアナッツの香ばしい味がするので、炒め物にすれば味のアクセントにもなりますね。

サラダなどに上からかけてもOKですが、油ですので摂りすぎには注意しましょう。油の摂取量を抑えるにはやはり普段使っている油の代わりにするのがベストです!

まとめ

マカダミアナッツオイルに含まれているパルミトレイン酸は、脳まで届く数少ない栄養素の1つです。脳の血管の血行を良くしてくれるので脳卒中や脳梗塞の予防に効果があるといわれています。他にも糖尿病予防やコレステロール対策などに役立つ健康オイルです。

熱に強いので、炒め物にも使用できるので使い勝手がいいのも魅力の1つです。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ