マカダミアナッツオイルの髪への使い方!洗い流さないトリートメントにも!

Sponsored Link

マカダミアナッツオイルの髪への使い方!洗い流さないトリートメントにも!

美容オイルとして最近注目されているマカダミアナッツオイル。マカダミアナッツはよく知っているけれど、オイルにはどんな効果があるのかまだ知らない人も多いと思います。

マカダミアナッツオイルは椿油などのように、ヘアケアにも使用することができるんですよ!

そこで今回はマカダミアナッツオイルの髪の毛への使い方をまとめました。トリートメントの代わりなどにも使うことができるんですよ!

Sponsored Link

マカダミアナッツオイルとは?

マカダミアナッツオイルとは、あのハワイのお土産の定番であるマカダミアナッツが原料になっています。

マカダミアは、ヤモガシ科の常緑樹でハワイの他にオーストラリアでも栽培されています。ナッツというのは種子のことだと思っている人も多いかもしれませんが、実際は果実なので果物の仲間なんですよ。

マカダミアナッツオイルはマカダミアナッツを圧搾したオイルのことです。マカダミアナッツはナッツ類の中で高級品というイメージがありますから、オイルも高級なイメージがあるかもしれませんね。値段はピンキリですが、割とお手頃なものもありますよ!

おすすめのオイルはこちらで紹介しています:
マカデミアナッツオイルのおすすめは?食用とスキンケア用でご紹介

なぜ髪にいいの?

マカダミアナッツオイルに含まれている脂肪酸はオレイン酸が半分ほど、その他にパルミトレイン酸やビタミンEなども含まれています。パルミトレイン酸は不飽和脂肪酸の一種で、アンチエイジング効果があると注目されています。

また、マカダミアナッツオイルは浸透力が抜群に優れているオイルです。ですから保湿効果が高く、しっとりサラサラの髪の毛へ導いてくれるんです!

そしてオイル自体もサラサラしていてべとつかないので使い勝手がいいんですよ!オイルをスキンケアやヘアケアに使うのが苦手という人もビックリの使用感です!

マカダミアナッツオイルの使い方

マカダミアナッツオイルの髪への使い方

ではマカダミアナッツオイルを実際にヘアケアに取り入れる方法をご紹介しますね!

トリートメントとして

シャンプー後にトリートメントの代わりに使用できます。コンディショナーなどをしなくてもシャンプーとマカダミアナッツオイルだけで十分ですよ。

シャンプー後にタオルドライした後、マカダミアナッツオイルを数滴手に取って髪の毛全体になじませるだけ。洗い流さなくてOKです。ドライヤーの前につけておくと、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれて乾燥を防いでくれます。

乾かした後にもう一度2,3滴髪の毛につけると、さらにツヤが出ますよ!椿オイルやアルガンオイルなどとブレンドするのもおすすめです!

スカルプケアに

髪の毛だけでなく、頭皮のケアにも使用できます。マカダミアナッツオイルを数滴手に取って頭皮をマッサージしましょう。頭皮の汚れもすっきりして、若々しい髪の毛が育つようになりますよ!頭皮への浸透もいいので効果が期待できますね!

整髪料に

水10に対して、マカダミアナッツオイルを1か2の割合で混ぜると整髪料として使うことができます。寝癖直しウォーターなどの代わりにもなりますよ。

水は精製水を使用して、1週間で使い切る量を目安に作りましょう。時間が経つと傷んでしまうので作りすぎないようにしてくださいね。1週間ごとに作ればいつも新鮮なものでヘアケアできますよ!また、アロマオイルなどを加えると香りもついていいですよ。

まとめ

マカダミアナッツオイルは保湿力やアンチエイジングに優れているので、ヘアケアにもおすすめのオイルです。

洗い流さないトリートメントとして、整髪料として、スカルプケアに、と様々な使い方ができるので1つあると便利ですよ。他の美容オイルや、アロマオイルとブレンドすることもできるのでお好みの方法で使ってみてくださいね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ