マキベリーの苗って販売している?自家栽培は可能なの?

Sponsored Link

マキベリーの苗は栽培できる?

ポリフェノールの含有量が高く、抗酸化作用が強いことで注目されているマキベリー。苗を購入して自宅で栽培することは可能なのでしょうか?

Sponsored Link

マキベリーを自宅で栽培したい!

スーパーフルーツと呼ばれているマキベリーは、ポリフェノールの含有量が高く、抗酸化作用が強く注目されています。日本ではまだまだ知名度は低いですが、世界のセレブも注目しているので、先駆けて摂取してみたいですよね。抗酸化作用はアサイーよりもすごいので、今後はアサイーのようにブームになるかもしれません!

健康に良いといわれているものはたまに食べたからといって効果はありません。毎日摂取することによって美容やダイエットの効果が期待できます。

 

毎日摂取するとなると、自宅で栽培で来たらよいのに!と思われるかもしれませんね。自宅にあれば、新鮮なものをいつでも食べられて便利ですよね!

マキベリーの苗は購入することができるのでしょうか?

マキベリーの苗はどこで販売しているの?

残念ながら、現在日本ではマキベリーの苗は販売していません

ですが、マキベリーの種は日本でも入手ができるようになりました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

マキベリーは野生の品種!

マキベリー

そもそも、マキベリーは世界でもほとんど栽培はされていません。それは野生の品種だからです。大量に栽培するのは難しいようなのです。種は日本で入手できるようになりましたがまだ貴重なものです。もっと流通して、日本でも簡単に手に入るようになるといいですね。

 

マキベリーを日本で購入するには?

日本でマキベリーを購入するのなら、加工品がおすすめです。種から育てるには時間がかかりますし、生のフルーツは流通していません。加工品はパウダータイプのものや、ジュース、サプリメントがあります。

加工品より生がいい!と思われるかもしれませんが加工品にもメリットはあります。

 

いつでも入手できる!

生の果物は旬の季節があったり、天候によっては実ができないということもありますが、加工品ならば一定の品質を保ったものがいつでも入手できます。

 

劣化しにくい

生の果物は収穫してから時間がたってしまうと栄養価が薄れたり、味も悪くなってしまいます。ですが、加工品はよい状態のものを加工しているので味や成分の劣化が少ないです。ですからマキベリーの栄養分をしっかり摂取することができます。

 

加工品にもメリットはありますので、現在のところマキベリーを摂取したいのならパウダーやジュースサプリメントなどを利用しましょう!

 

まとめ

日本ではマキベリーの苗は流通していません。ですが、パウダーやジュース、サプリメントなどは入手することができますので、こちらを利用しましょう。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ