マキベリーの効果はアサイーよりすごい!マキベリーパウダーのおいしい食べ方もご紹介!

Sponsored Link

マキベリー

今、世界で注目されている「マキベリー」というフルーツをご存知ですか?ベリーの一種なのですがマキベリーは、抗酸化作用が高いことで美容や健康の効果が注目されています。

そのパワーは、あのアサイー以上だとか。今回はマキベリーの美容やダイエットの効果、そしておいしい食べ方についてご紹介します。

Sponsored Link

マキベリーってどんなフルーツ?

マキベリーはチリのパタゴニア地方で栽培されているフルーツです。ベリー類では珍しく、まだ人工的には栽培されておらず、野生の品種のみです。一定の地方の野生の品種のみということですので、貴重なベリーという感じがしますよね。

昔から表皮は染色料として、実は民間薬として使われていました。民間薬として長く使用されていたということは、ある程度の効果があるということですよね。それでは、マキベリーにはどんな効果があるのでしょうか。

 

マキベリーの効果はどんなもの?

疑問

民間薬としては下痢止め、抗炎症薬、解熱剤として使用されてきたようですが、効果はそれだけではありません。世界中で注目を集めるマキベリーにはどんな効果があるのでしょうか。

マキベリーが注目されている理由は、ポリフェノールが豊富ということです。中でも、目にいいといわれているアントシアニンが豊富です。ポリフェノールは様々な果物や野菜に含まれていますが、マキベリーの含有量は桁違いといってもいいでしょう。

なんと、ブルーベリーの14倍!そしてあのスーパーフルーツアサイーよりも5.4倍多いんです。またポリフェノールだけでなく、ビタミンやミネラルも豊富です。これはすごい効果が期待できますよね。

アントシアニンは活性酸素を除去する!

アントシアニンは、目にいいだけでなく、活性酸素を除去する働きがあります。アントシアニンにもいくつか種類がありますが、マキベリーに含まれているものは、とくに抗酸化作用が強いんです。

ですから、こんな効果が期待できます。

  • 若々しいお肌を維持する
  • 紫外線のダメージから守る
  • 血中コレステロールを抑制
  • 脂肪燃焼効果がアップ
  • 末端冷え性の改善
  • 目の疲労回復

美容にもダイエットにも、そして目にもいいんですね。目の疲れから肩こりや腰痛、頭痛などを引き起こしている可能性もありますので、それらも改善が期待できますね。

 

マキベリーパウダーの食べ方は?

ヨーグルト

マキベリーは、現在野生の品種のみしかなく大変貴重なものです。残念ながら日本では生のものを手に入れることができません。ですが、サプリメントやジュース、パウダーなどで摂取することができます。パウダータイプのものはどのように食べればよいのでしょうか。

 

マキベリーの味は?

健康に良いものはあまりおいしくないイメージがあるかもしれませんが、マキベリーの味はどうなのでしょうか。味は濃厚なベリーといった感じでとてもおいしいです。体に良い上においしいのはうれしいですね。

ですから、マキベリーパウダーはそのまま食べることもできます。

 

ヨーグルトやスムージーに混ぜて

そのまま食べる以外には、何かに混ぜて食べてももちろんOKです。ヨーグルトに混ぜたり、グリーンスムージーに混ぜたりするとさらに栄養価が高くなるのでお勧めですよ。

そのまま水に溶いて飲んでもおいしいです。

 

マキベリーパウダーは1日にどのくらい摂ればいいの?

マキベリーパウダーの1日の摂取目安量は5~6gです。小さじ1杯程度ですね。摂取量を超えて摂ったからといって効果が出やすいということはありませんので、摂取量に気を付けてください。意外と少ないので毎日続けやすいのではないでしょうか。果物は朝摂るといいといわれていますので、朝ごはんにプラスしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

マキベリーには、アサイーよりもすごい抗酸化パワーがあり、美容やダイエットに効果的です。味もおいしくて食べやすいので毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ