<マテ茶の効果効能>ダイエットだけでなく癌にもいい?

Sponsored Link

<マテ茶の効果効能>ダイエットだけでなく癌にもいい?

「飲むサラダ」とも呼ばれ、栄養価が高いことで注目されているマテ茶。実際にはどんな効果効能が期待できるのかご存知ですか?

ダイエット効果が有名かもしれませんが、他にもさまざまな効果が期待できるんですよ!ですが、一方で「マテ茶を飲むと癌になる」という噂も。こちらの真相はどうなっているのでしょうか。

Sponsored Link

マテ茶といえばダイエット!?

コカ・コーラ社の「太陽のマテ茶」のCMを見て、「マテ茶はダイエットにいい」というイメージを抱いた人も多いのではないでしょうか。南米の人は肉をよく食べ、野菜をあまり食べないのに太らず健康なのはマテ茶のおかげともいわれています。実際、マテ茶はなぜダイエットにいいのでしょうか。

マテ茶のダイエット効果

マテ茶には

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ビタミンA
  • ビタミンB

などが含まれています。マテ茶を日頃飲んでいる南米の人たちは肉が中心の食生活で野菜をあまり食べません。ですが、マテ茶が野菜不足を補ってくれているんです。「飲むサラダ」と呼ばれている理由はここにあるんですよ!

ダイエットをしていると栄養が偏りがち。必要なビタミンミネラルを摂取していないとダイエット効果もダウンしてしまいます。ですから、マテ茶でビタミン、ミネラルを補うといいんですね!

そしてポリフェノールの一種であるフラボノイドも含まれています。フラボノイドにはリパーゼの働きを抑制する効果が期待できます。リパーゼには脂肪を吸収する働きがあります。

これを抑えてくれるので

  • 血中の中性脂肪を下げて脂肪をつきにくくする
  • コレルテロールを下げる

効果があるんです。ですから、ダイエットにいいんですね!

ポリフェノールといえばワインにたくさん含まれているイメージがあるかもしれませんが、じつはマテ茶に含まれているポリフェノールの量はワインよりも多いんです!これは驚きですね。(マテ茶について-世界の研究データ

また、マテ茶にはゲニポシド酸が含まれているのでダイエットにいという記事も多く見かけますが、マテ茶にゲニポシド酸が含まれているという信頼できる情報は見つかりませんでした。

ダイエットをより効果的にするマテ茶の飲み方はこちらで紹介しています:
マテ茶の飲み方をご紹介!ダイエットに効果的なのは?

便秘にも効果的

マテ茶は、お茶にしては珍しく食物繊維が含まれています。食物繊維不足の人は補うことが出来ますね。

また、マテ茶に多く含まれているマグネシウムは

  • 便の水分量を増やして、大きくする
  • 大腸の働きをサポートする

という働きがあり、こちらも便秘に効果があるんです。便秘解消はダイエットにもつながります。ダイエットしたくて便秘がちという人には特におすすめです。

参照元:ヘルスケア大学

美容にもいい?

マテ茶には美容効果も

マテ茶といえばダイエット、というイメージを持っている人が多いかもしれませんが効能はそれだけではありません。

ビタミン、ミネラルをしっかり摂ることは美容にもつながります。そして、フラボノイドには抗酸化作用があるため、アンチエイジングになるんですよ。

ダイエットと美容、両方に効果があるというのは嬉しいですね!

マテ茶で健康に!

マテ茶のもつ健康効果

さらに、マテ茶には健康効果も期待できますよ。どんなものがあるのか見てみましょう。

生活習慣病の予防

活性酸素はさまざまな病気の原因になってしまいます。ですから、活性酸素を除去するマテ茶を日常的に飲むことで、生活習慣病の予防にもなるんですよ。

例えば、動脈硬化はLDLコレステロールが活性酸素によって酸化することで起こります。マテ茶には活性酸素を除去するフラボノイドなどのポリフェノールを豊富に含んでいます。ポリフェノールにはコレステロールを下げる効果もあります。ですから、動脈硬化の予防も期待できるんです。

高血圧の人は危険?

マテ茶はナトリウムが少ないので高血圧の方にも安心です。カフェインが含まれているので高血圧の人は注意が必要、という記載もありましたが、マテ茶に含まれるカフェイン量は少ないです。コーヒーの1/4、紅茶の1/3とも言われていますので、他のお茶よりもリスクは低いといえるでしょう。

マテ茶のカフェイン量について詳しくはこちら:
マテ茶にカフェインは含まれるの?妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

癌にいい?逆に癌になる?

マテ茶について調べていると「マテ茶を飲むと癌になる」という文字を目にするかもしれません。実際のところマテ茶に癌への影響はあるのでしょうか?

マテ茶を飲むと癌になる?

マテ茶の伝統的な飲み方

マテ茶を飲む地域では、咽頭癌や食道癌の発生率が高いといわれています。そう聞くと心配になりますが、これはマテ茶の飲み方に問題があるようです。

元々、マテ茶はこの写真のようにシマロンという茶器に茶葉と熱湯を入れ、茶こしのついたストローで飲まれていました。実はこの飲み方に問題があり、熱いものを一気に喉に流し込むので咽頭癌や食道癌の発症率が高いのではないかといわれています。熱いものはマテ茶に限らず喉や食道によくありません。

伝統的な飲み方ではありますが、健康のためには別の飲み方をしたほうがよさそうですね。

マテ茶の飲み方について詳しくはこちら:
マテ茶の飲み方をご紹介!ダイエットに効果的なのは?

癌予防にもなる?

マテ茶の成分の中に癌の発生を高めるものは特に見当たりません。むしろフラボノイドの抗酸化作用は癌を抑制する効果が期待できます。ですから、癌の予防効果も期待できるのではないでしょうか。

また、マテ茶を良く飲むアルゼンチンの死因を見ると、癌での死亡率は日本より少ないです。もちろん治安や医療技術にもよると思いますが、数字を見る限りマテ茶を飲むと癌になるとは言えないと思います。

参照元:日本マテ茶協会

まとめ

マテ茶にはビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールが豊富に含まれています。南米では肉が中心で野菜をあまり食べない食生活をしていますが、マテ茶で栄養を補っているとも言われています。

栄養価が高いので

  • ダイエット
  • 便秘解消
  • 美容
  • 生活習慣病の予防
  • 癌予防

などの効果も期待できます。もちろん、これだけ飲んでいればすべてがよくなるという訳ではありませんが、健康や美容の習慣として始めてみるのもおすすめです。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ