マヌカハニーは咳に効果あり!辛い喘息の発作にも!

Sponsored Link

マヌカハニーの喉への効果

マヌカハニーにはさまざまな健康効果がありますが、中でもすごいといわれているのは咳を止める効果です。

夜中に急に咳が止まらなくなったりすると辛いですよね。マヌカハニーは喘息の発作で出る咳にも効果があるんですよ。

Sponsored Link

ハチミツには咳を止める効果あり!

のど飴などにもハチミツが配合されているものは多いですよね。また、風邪をひいたときはハチミツをお湯に溶かして飲むこともあります。

ハチミツには抗菌作用と抗炎症作用があるため、昔から咳止めの民間療法に利用されていたんです。

普通のハチミツでも効果があるのですが、マヌカハニーはハチミツの中でも強い抗菌作用があることで知られています。

喘息の発作も楽に!

喘息はなぜ起こるのかというと、喉の粘膜で殺菌しきれなかった菌が気管支に入ってしまい、その菌を外へ出そうとして咳が出るという仕組みなんです。気管支は大切な器官なので、防御反応が起こっているんですね。

ですが、咳が止まらないのは苦しいものです。マヌカハニーは高い殺菌作用があるので口の中や喉で殺菌しきれなかった菌を殺菌し、気管支に入るのを防いでくれます。つまり、咳が出にくくなるというわけなんですね。

さらにマヌカハニーには抗炎症作用や保湿効果もあるので、喉の炎症を抑え、保湿してくれます。気管支を守ってくれるので楽になる人が多いんですよ。

喘息の人は、発作が出ていないときでも気管支は慢性的に炎症を起こした状態になっています。ですから炎症を抑える薬を処方されます。お医者さんの指示通り治療を行うことはもちろん大切ですが、抗炎症作用のあるマヌカハニーも併用してみてもよいかもしれませんね。

喘息の人は風邪をひくと症状が悪化しますが、マヌカハニーには風邪予防の効果もあるのでオススメです。

咳を抑えるための摂取方法は?

咳をおさえるためのマヌカハニーのとりかた

症状が出ている時は、マヌカハニーを少量そのまま口にしましょう。喉の奥に少し貯めておくようにすると効果がアップします。慢性的な喘息の人は症状が出ている時だけでなく、毎日摂取するのがおすすめです。

少しなめただけで翌日には喉の炎症がよくなっているという人もいますし、症状が強い人は緩和したと感じている人も多いですよ。ニュージーランドでは治療薬として使用されているものですので、効果はお墨付きですよね。

とくに、喉や咳への効果は大きいといわれているんですよ。

マヌカハニーを直接なめるほかは、キャンディーもあります。喉や席の対策として使用するならキャンディも手軽でいいですよね。(キャンディーについてはこちらの記事で紹介しています)

まとめ

マヌカハニーの抗菌作用は、喘息の発作や咳の原因となる菌を殺菌してくれる働きがあります。喉や気管支の炎症を抑える効果もあり、少しなめただけでも効果を感じる人が多いです。

慢性的な喘息の方は、毎日摂取することをおすすめします。マヌカハニーの抗菌作用はのどや口の中だけではありませんので、風邪予防やピロリ菌の予防にも効果的ですよ。

喘息の発作が出やすい人は、家に常備しておくとよいかもしれませんね。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ