マヌカハニーの食べ方!1日にどのくらいの量を食べればいいの?

Sponsored Link

マヌカハニー摂取量

マヌカハニーにはさまざまな健康効果があるので、摂取してみようかなと考えている人も多いのではないでしょうか。

マヌカハニーは、のどが痛い時だけ食べるのもよいですが、健康習慣として毎日継続することをおすすめします。毎日摂取する場合は1日どのくらいの量が理想なのでしょうか。

Sponsored Link

マヌカハニーの基本的な食べ方

マヌカハニーは、何かにかけたり塗ったりして食べるよりも、そのままなめるのが一番です。

1日の目安量は1回5mlから15mlを3~4回に分けて食べることです。ティースプーンから大きめのスプーン1杯分といったところですね。一度にたくさん食べるのではなく、分けて食べるのがポイントです。

はじめは少量から試してみて徐々に増やしていくのがおすすめです。

 

注意しなくてはいけないのはスプーン

じつは金属製のスプーンはマヌカハニーの活性力を弱めてしまう可能性があるんです。ですから木製やプラスチックのスプーンを使ってすくいましょう。一番身近なものが金属スプーンですのでうっかり使ってしまわないように注意!

目的によっても食べ方は違う!

マヌカハニーは、期待する目的によっても食べ方が異なります。それぞれに効果的な食べ方があるんです。

胃腸の改善やピロリ菌の除菌を目的の場合

空腹時に食べるのがベストです。胃の中身が空でないと効果が薄まってしまうんですね。空腹時に食べることで消化機能の改善も期待できますよ。

ピロリ菌を除去したいときは、クラッカーやパンなどにマヌカハニーを塗って食べると胃の中で消化がゆっくりになり、その分抗菌作用が長く続くのでおすすめです。

胃腸の改善の場合は、少量ずつ初めて量を増やしたらしばらくは多めに食べるとよいといわれていますよ。

歯周病、虫歯、口臭の予防が目的の場合

寝る前に歯磨きをした後に食べるのがベストです。口の中全体にマヌカハニーが広がるようにしてくださいね。

歯磨きした後にハチミツなんて虫歯になりそう、と思われるかもしれませんがその逆なんです。虫歯菌は夜繁殖していきますので、寝ている間に除菌効果のあるマヌカハニーを口にふくませておくのがいいのです。

歯の裏側など虫歯になりやすい所にも広がるようにするとよいですよ。喉の痛みを緩和させたいときについてはこちらの記事をご覧ください。

直接肌に塗ることも!

マヌカハニーを直接肌にぬる方法も

マヌカハニーは食べるだけでなく、肌に塗って使用することもできます。火傷や切り傷に直接塗れば、抗菌と抗炎症作用で傷の治りが早くなるんですよ。

その他、お手持ちの化粧品に混ぜてスキンケアに使用することもできます。様々な活用方法があるんですね!

スキンケアについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

まとめ

マヌカハニーを毎日摂取する場合は、1日3~4回に分けてスプーン1杯程度ずつ食べるのがおすすめです。喉が痛い時などだけ使用する場合も、1回の量は同じで大丈夫です。

また、マヌカハニーは基本的に賞味期限はありません。ただし、スプーンなどについた雑菌がまぎれてしまう可能性があるので、清潔なものを使用してくださいね。そうすれば長持ちしますので常備薬代わりに1つ用意しておくと便利です。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ