ミューズリーが人気上昇中!グラノーラやオートミールとの違いは何?

Sponsored Link

ミューズリーが人気上昇中!グラノーラやオートミールとの違いは何?

シリアルを朝食にしている人は多いともいますが、最近「ミューズリー」が注目を集めています。

また新しいのが出てきた・・・と思っている人もいるかもしれませんが、ミューズリーは栄養価が高く、カロリーも低いのでおすすめですよ!

今までのグラノーラやオートミールとはどう違うのか、ご説明していきましょう。

Sponsored Link

オートミールとは?

オートミールとは

まずはオートミールからご説明しますね。なぜかというと、これが一番シンプルだからです。シリアルの元祖ともいえるかもしれませんね!

オートミールは、「オーツ麦」と呼ばれる麦を食べやすく加工したシリアルです。原料は麦のみです。ね、シンプルでしょ。オートミールという名前も「オーツ麦の食事」という意味なんです。

日本では名前を知っている程度の人が多いかもしれませんが、アメリカではメジャーなんです。牛乳や水で煮て食べるのが一般的です。外皮を残したままの麦ですので、栄養価は高いです。玄米のようなものですね。食物繊維やミネラル、たんぱく質などが豊富です。ですがそのままだと味はしません。苦手な人も多いです。

カロリーは穀物なので低い訳ではありませんが、低GI食品でダイエットや健康のために食べる人が多いです。

オートミールは100gあたり400kcal。糖質は約60gです。(参照

ミューズリーとは?

ミューズリーとは

続いてはミューズリー。ミューズリーはオートミールにドライフルーツやナッツなどを加えたものです。麦だけよりも若干食べやすくなるという感じですね。フルーツなどが入っているものは、オートミールに比べるとカロリーや糖質量は増えます。ですがオートミールと同様、血糖値が上がりにくい低GI食品だといわれています。

ミューズリーはオーツ麦と同様、牛乳などで煮込んでもいいですし、牛乳や豆乳、ヨーグルトをかけただけでも食べることができます。ただし、グラノーラなどよりも、長めに牛乳に浸した方がよいでしょう。一晩浸しておかないともそもそする、という人もいます。

また、オートミールとグラノーラはアメリカが発祥ですが、ミューズリーはスイスで発祥という違いもあります。一番なじみがないのもそのせいかもしれませんね。

ミューズリーはナッツやドライフルーツの有無などによってカロリーや糖質量が変わってきますので、しっかり表示を確認しましょう。市販のミューズリーは砂糖が入っているものもあり、そうするとカロリーや糖質量も上がります。

こちらのノンシュガーの商品の場合100gあたり384kcal、糖質量は69.9gです。フルーツが入っている分、オートミールより糖質量は上がりますね。

グラノーラとは?

グラノーラとは

グラノーラはオーツ麦にナッツ、ドライフルーツ、ハチミツやメープルシロップ、オリーブオイルなどを加え、オーブンで焼いたものです。オーブンで焼くというのが、ミューズリーとの最大の違いです。ですからカリッとしていて香ばしいんですね。焼いてあるので牛乳や豆乳などをかけてさっと食べられます。そのままでもおいしいです。

甘味も入っているので食べやすいですが、ミューズリーに比べてカロリーが上がるというワケですね。また、糖質や脂質、GI値も上がってしまいますので糖質制限ダイエットには不向きです。オーツ麦が原料なので食物繊維やミネラルなどの栄養素は豊富です。

グラノーラも商品によってカロリーや糖質量は変わります。カルビーのフルグラの場合、100gあたり442kcal、糖質量は63.2gです。ミューズリーよりも糖質量が低かったです。ただし砂糖の糖質とフルーツの糖質ではGI値が違います。ですから糖質量は多いですが、ノンシュガーのミューズリーの方がGI値は低くなるはずです。

まとめ

おいしく食べるのなら、好みはあると思いますがグラノーラではないでしょうか。ですがダイエットや健康のためなら、食べやすさと栄養成分のバランスで考えるとミューズリーがいいと今注目されているのです。おいしさと効果でどれを選ぶのか、ということになってきますね。

また、最近ではグラノーラでも糖分が入っていなかったり、ミューズリーでも焼いてあったり、糖分が入っていたり、境界線があいまいになっているようです。名前で選ぶのではなく、成分をしっかり見て選ぶのが一番でしょう。

オートミールより食べやすいとはいえ、ミューズリーもグラノーラと比べるとおいしくないと感じる人も少なくありません。ですが、食べ方次第で変わってきますよ!

ミューズリーのおいしい食べ方はこちらでご紹介しています:
ミューズリーのおいしい食べ方は?1回に食べる量もご紹介!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ