ミューズリーのおいしい食べ方は?1回に食べる量もご紹介!

Sponsored Link

ミューズリーのおいしい食べ方は?1回に食べる量もご紹介!

グラノーラよりもダイエットにいい!と話題になっているミューズリー。

ですが、グラノーラと比べるとおいしくない・・・という人も。そんなミューズリーをおいしく食べる方法をご紹介していきます。

Sponsored Link

ミューズリーとグラノーラはどう違う?

ミューズリーとグラノーラってとってもよく似ていますが、違いがあります。

ミューズリー:
オーツ麦にナッツ類やドライフルーツを混ぜたもの

グラノーラ:
オーツ麦にナッツ類やドライフルーツ、ハチミツ、メープルシロップ、植物性油などを混ぜてオーブンで焼いたもの

ズバリ、違いは甘味料や油が入っていることと、オーブンで焼いていることです。ですから、ミューズリーの方がヘルシーなのがわかりますよね。グラノーラが甘すぎるという人にはミューズリーがいいかもしれません。

ですが、やはり甘味料や油が入っていないので食べにくいという人も多いんです。ミューズリーはどうやって食べればおいしいのでしょうか。

ミューズリーとグラノーラの違いはこちらの記事でも紹介しています:
ミューズリーが人気上昇中!グラノーラやオートミールとの違いは何?

ミューズリーの基本の食べ方

ミューズリーの基本の食べ方は大きく分けて4通りあります。

  • そのまま食べる
  • 牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜる
  • 牛乳などで煮込む(煮込むレシピはこちら)
  • お菓子やパンに混ぜる(レシピはこちら

ミューズリーはグラノーラなどとは違いオーブンで焼いていないので生の状態です。ですからカリッとした食感とはまたちょっと違います。牛乳などに浸す場合も、かけてすぐに食べるのではなく、長めに浸しておいた方が食べやすくなります。食べる前日から浸しておくとより食べやすいです。

お菓子やパンに混ぜるとおいしいですが、小麦粉や砂糖を使いますし、ダイエットのために食べるには不向きです。その場合は日常的に食べるのではなく、おやつにたまに使うのがいいと思いますよ!

ミューズリーを買ったはいいけれどそのままだとおいしくないのでお菓子に混ぜている、という人も多いようです。基本の食べ方でもおいしいと感じる人ももちろんいますが、あまりおいしくないと感じる人も多いんですよね。

ミューズリーをもっとおいしく食べるには?

ミューズリーをもっと美味しく食べるための方法

では、ミューズリーをもっとおいしく食べるにはどうすればいいのでしょうか。

ハチミツやメープルシロップなどを入れれば食べやすくなりますが、あまりたくさん入れてしまうと糖質が上がってしまうので要注意です。

おいしくするポイントの1つは焼くことです!ですが、グラノーラのように油と絡めて焼くとカロリーが上がりますので、乾煎りしましょう。カロリーは低いままで食べやすくなるのはうれしいですね!

そして、味にアクセントをつけるためにはシナモンを入れたり、バナナなどフレッシュフルーツを足すのもおすすめです。フルーツにも糖質は含まれますが、ビタミンも補給できるので朝食にぴったりですね!

また、牛乳よりも豆乳の方が自然の甘みがあるという人もいるので、苦手でなければ試してみてください。

ミューズリーの1回で食べる量は?

ミューズリーの1回の摂取量は40g(参照)が目安です。少なく感じるかもしれませんが、牛乳を含むと量も増えますよ。

また、ミューズリーは栄養価が高く、ダイエットにいい成分もたくさん入っていますが、低カロリーという訳ではありません。(もちろんグラノーラよりはカロリーが低いですが)

入っているものによってカロリーは変わりますが、こちらのミューズリーは100gで377kcalです。

ですから、たくさん食べればその分痩せるという訳ではありませんので、目安摂取量を極端に超えることがないように食べましょう!

まとめ

ミューズリーは基本的な食べ方では苦手という人も多いです。ですが乾煎りすることで食べやすくなるのでお勧めです。

また、甘味を足してしまうと食べやすいですがカロリーも上がってしまうので、シナモンや生のフルーツなどと一緒に食べることをおすすめします。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ