ルイボスティーの味が薬のようで苦手!おいしく飲むにはどうすればいい?

Sponsored Link

ルイボスティーの味が薬のようで苦手!おいしく飲むにはどうすればいい?

ノンカフェインでミネラルが豊富なルイボスティーは健康のために飲む人も多いです。

ですが飲んでみると、味が苦手・・・という人も少なくないようです。飲み続ければクセになるという人もいますが、どうしたらおいしく飲めるのでしょうか?

Sponsored Link

ルイボスティーってどんな味?

健康にいいお茶は、ものによってはかなり癖があることもありますので、躊躇してしまう人もいると思います。ルイボスティーはどうでしょうか?

私も毎日飲んでいますが(今も手元にはルイボスティーです)、お茶や紅茶の後味とは少し違うものの特にクセもなく飲みやすいと感じます。

他の方の感想を見ても「ほうじ茶みたい」「渋くない紅茶みたい」「麦茶に似ている」というような感想が多いです。ですが中には実際に飲んで薬っぽい!と感じて苦手な人もいるようです。好みはあると思いますが、ルイボスティーの選び方や淹れ方でも味は変わってきます。

おいしいルイボスティーの選び方

実はルイボスティーには等級があります。日本茶でも一級などの茶葉がありますよね。それと同じです。

ルイボスティーは「ルイボス」という植物の葉を発酵して作ったお茶です。TIGERという最高級のルイボスティーを輸入販売しているお店によると、ルイボスの葉の使う場所によって等級が変わってきます

空に向かって生えているルイボスの葉の一番先端がスーパーグレード、スーパークラシック、EXファインクラシック、ロイヤルなどと呼びます。真ん中はチョイスグレード、クラシック、グリーン、スーペリアグレードなどと呼びます。一番下がスタンダードグレード、チョイス、グレードなどといいます。メーカーによって名前は異なります。

味が気になる人に選んでほしいのはやはり一番いいグレードのものです。日光を直接浴びているので風味がまろやかでとても飲みやすいんです。ポリフェノールも豊富なので健康にもいいんですよ!

また、オーガニックのものを選ぶと安心ですね。

作り方によっても味が変わる!

ルイボスティーは作り方によって味が変わる

ルイボスティーは水出しや煮出しで作ることができますが、作り方によっても味が変わってきます。煮出したら味が濃くなるイメージがあるかもしれませんが、紅茶などと違って苦くはなりません

味は濃くなるものの、煮出した方が飲みやすいと感じる人もいるので、10分以上煮出して一度飲んでみてください。煮出した方が栄養成分も多く含まれるんですよ!

水出しには水出しの良さももちろんあります。

水出しの淹れ方や効果についてはこちらでご紹介しています:
ルイボスティーは水出しでも効果ある?抽出時間はどの位?

それでもやっぱり苦手な場合は?

色々試したけれどやっぱり苦手、という人もまだあきらめないでくださいね。ミルクやフルーツなどを入れると飲みやすくなるんですよ!

ルイボスティーのアレンジ方法はこちらで紹介しています:
アレンジ記事へ

また、ルピシアカレルチャペック紅茶店などのお茶屋さんにはフレーバーのついたルイボスティーも数多く販売しています。こういうものを飲んでみるのもおすすめですよ!個人的には、ルピシアのキャラメル&ラムが好きです。

それでもどうしてもだめ!という場合は料理に使用するという方法もあります。煮物や味噌汁などに利用してもルイボスティーの栄養は摂取することができるんです。料理に使えば味もほとんど感じないのでおすすめです。買ったはいいけれど飲み切れなかったルイボスティーがある人は試してみてください。

まとめ

ルイボスティーの味が苦手、と感じる人もいるようですが、茶葉の選び方や煮出し方によっても味は変わってきますので色々な方法で試してみましょう。どうしてもだめだったら料理に使ってしまえば無駄にはなりません。

また、ルイボスティーは飲めば飲むほどくせになるともいわれていますので、味を変えて飲んで慣れて来たらまた普通のものにチャレンジしてみてもよいかもしれません。毎日飲むのが大切ですので飲みやすい方法を見つけてみましょう!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ