ルイボスティーの副作用!冷えや下痢の原因になるって本当?

Sponsored Link

ルイボスティーの副作用!冷えや下痢の原因になるって本当?

不妊やダイエット、健康などさまざまな効果があると注目されているルイボスティー!体にいいものですが、栄養価が高いと逆に副作用はないのか心配になりますよね。

ルイボスティーを調べていると「冷え」や「下痢」の文字を目にすることもありますが、副作用があるのでしょうか?

Sponsored Link

ルイボスティーは体を冷やす?

ルイボスティーに副作用はないのか調べていると気になるのは「冷える」という情報です。冷えは不妊にもダイエットにもよくありませんから、心配になりますよね。

なぜそのような話になるのかというと、ルイボスティーの原産が南アフリカだからです。一般的に、暑い地方で採れたものは体を冷やすといわれています。ですからルイボスティーも体を冷やすと考えている人もいるようですが、実際には体を冷やすような働きはありません

反対に、冷え性の改善も期待できるんですよ!!冷え性の人は、ミネラルが不足しているといわれていて、ルイボスティーはミネラルたっぷりのお茶なんです!マグネシウム、リン、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などたくさんのミネラルが含まれています。

とくに、マグネシウムには腸を活発にさせて基礎代謝をアップさせる働きがありますので、不足しているマグネシウムを摂取することで冷え性の緩和も期待できるんですよ!

もちろん冷たいものをたくさん飲むのは禁物なので、冷え性の方は温かいルイボスティーを飲みましょう!

下痢になるのは本当?

ルイボスティーを飲んで下痢になることはある?

もう1つ副作用で気になるのは「下痢」というキーワードです。ルイボスティーには便秘を改善させる効果があるので、飲み過ぎると逆に下痢になってしまうというものです。一見納得してしまいそうですが、これも正しい情報ではありません。ルイボスティーには逆に下痢体質を改善する効果もあるんです。

下痢の原因もさまざまありますが、腸の老化やストレス、睡眠不足なども影響しています。ルイボスティーには抗酸化作用があるので腸の老化を改善することができますし、ストレス緩和効果もあります。ですから、下痢体質の改善にも効果的なんですよ!

ただし、下痢の原因には水分の摂りすぎも挙げられます。ですから飲み過ぎは禁物。ルイボスティーはお茶ですので1日の摂取量の定めはありませんが、1日2~3杯(500ml)程度を目安に飲むようにしましょう。また、下痢体質の方も冷たいものはよくありませんのでホットで飲みましょう。

ハチミツを入れるとさらに腸内環境の改善に効果がありますよ!

他に副作用はないの?

ルイボスティーはお茶ですので、基本的には副作用はありません。カフェインも入っていませんし、飲み過ぎて害になるような成分は入っていませんが、サプリメントも服用している人は注意が必要です。

ミネラルは普通の食事から摂取している分には摂りすぎということはほとんどありませんが、リメントで摂取してさらにミネラル豊富なルイボスティーを飲むと摂りすぎになってしまうケースもあります。

サプリメントを摂取している人は今飲んでいるものにどんな成分が入っているのかチェックしてみてください。

妊活している人は葉酸サプリを飲んでいる人もいると思いますが、葉酸単体のサプリでしたら問題ありませんよ!

葉酸とルイボスティーの併用についてはこちらで詳しく紹介しています:
ルイボスティーで妊活!葉酸と併用しても副作用は大丈夫?

まとめ

ルイボスティーは冷えや下痢に良くないという情報を目にすることがありますがどちらも根拠のない噂のようで、逆に改善が期待できます。他の副作用も心配ありませんが、サプリを飲んでいる人は摂取量に気を付けましょう。

とはいえ、冷えにも下痢にも水分の摂りすぎはよくありませんので、飲み過ぎには注意しましょう。ルイボスティーの飲み過ぎというよりも水分の摂りすぎに注意するようにしてくださいね!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ