ルイボスティーの妊活への効果は?おすすめの飲み方をご紹介!

Sponsored Link

ルイボスティーの妊活への効果は?おすすめの飲み方をご紹介!

ルイボスティーは妊活にも効果があると注目されていますよね!お茶を替えるだけで少しでも妊娠の確率がアップするのなら試してみたい!という人も多いのではないでしょうか。

ルイボスティーの妊活への効果と、おすすめの飲み方をご紹介します!

Sponsored Link

ルイボスティーとは?

そもそも、ルイボスティーってどんなお茶なのでしょうか。日本でも徐々にメジャーになりつつあるお茶ですが、もともとは南アフリカ原産のお茶で現地では昔からよく飲まれているんです!ヨーロッパでも100年以上前から飲まれているお茶なんですよ!

ルイボスというのはマメ亜科の植物で、針葉樹葉という鋭い葉が生えます。この葉を加工して発酵して作られたお茶がルイボスティーです。

ルイボスティーにはミネラルやポリフェノール、抗酸化作用の高いSOD様酵素など栄養がたっぷりつまっています。ですから健康に様々な効果があると注目されているんですね!

緑茶や紅茶、ウーロン茶などとは原料も違い、ノンフェインというのもうれしいところ。妊娠中はカフェインを控えなくてはいけませんが、妊活中からも控えておいたほうがいいといわれているのです。

日本では正式な数値が出ていないものの、妊娠中でも1日200~300mg程のカフェインなら問題ないとされています。コーヒー1日1~2杯なら問題ありませんが、妊活中からカフェインの摂り過ぎには注意したいのでノンカフェインというのは嬉しいですよね。(参照

妊活中になぜいいの?

ルイボスティーが妊活にいいといわれる理由で一番注目されているのは抗酸化作用ではないでしょうか。

活性酸素は老化の原因になるというのは知っている人も多いと思いますが、肌だけでなく、卵子の老化の原因にもなってしまいます。また、精子の質の低下や着床の妨げにもなるといわれているんですよ!

ルイボスティーは抗酸化作用のあるSOD様酵素やポリフェノールを含んでいます。ですから、卵子の若返りや着床率のアップが期待できるという訳なんです!

妊娠の妨げになるのは活性酸素だけではなく、ストレスや冷えも関係しているといわれています。ルイボスティーにはストレスや冷えを軽減する効果も期待できるんですよ!妊娠のために良いことがいくつもあるというのはうれしいですよね。男性不妊にも効果ありなんですよ!

薬ではありませんし、これだけで必ず妊娠できるというものではありませんが、少しでも確率がアップするならうれしいですよね。そして、体質を改善しておくに越したことはありません!

ルイボスティーの不妊改善効果について詳しくはこちら:
ルイボスティーには不妊を改善する効果もある?妊活に注目される理由とは?

効果的な飲み方は?

ルイボスティーの効果的な飲み方

不妊改善のためにルイボスティーを飲むには、ルイボスティーをしっかり煮出して飲むのがおすすめです。煮出すことによってSOD様酵素がしっかり抽出され、抗酸化作用の高いお茶になるんです!煮出す時は最低でも3分は煮出しましょう。中には10分20分にだすというひともいるんですよ!

冷やして飲んでもおいしいですが、妊活のためには温かいまま飲みましょう!ホッと一息いれたいときはミルクなどを入れるのもおすすめです。

ルイボスティーのアレンジ方法はこちら:
ルイボスティーの飲み方アレンジ!砂糖やミルクを入れてもおいしい!

お茶ですのでどのくらい飲めばいいという決まりはありませんが、まず毎日飲むことが大切です!効果を感じるには1日3杯(500ml)ほど飲むのがいいといわれていますので、目安にしてみてくださいね。

まとめ

ルイボスティーには抗酸化作用や冷え性の改善、ストレスの緩和などの効果が期待できるので妊活中におすすめの飲み物です。ノンカフェインなので涼を気にせずに飲めるというのもポイント絵ではないでしょうか!

ミネラルやポリフェノールなど体にいい成分がたくさん入っているお茶ですので、ぜひ夫婦で飲んでみてください。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ