ルイボスティーの効果は母乳にも!出にくい人にも出過ぎる人にもいい影響がある?

Sponsored Link

ルイボスティーの効果は母乳にも!出にくい人にも出過ぎる人にもいい影響がある?

ルイボスティーは妊活や妊娠中におすすめのお茶ですが、授乳中にもいいんです。ノンカフェインなので安心というだけでなく、母乳の出にも影響があるとか!

出ない人にも出過ぎるに人にも効果があるのでしょうか?ルイボスティーと母乳の関係を調べてみました。

Sponsored Link

ルイボスティーは母乳の質をよくする!

ルイボスティーが授乳中におすすめされる一番の理由は、母乳の質を改善してくれることです。母乳は何で出来ているのかというと、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、炭水化物といった栄養素です。

お母さんが食べたものがそのまま母乳になるとも言われていますので、偏った食生活をしていると赤ちゃんの栄養も偏ってしまいます。とくに、脂肪分の多いものを食べていると乳腺炎になってしまう可能性がありますので気を付けたいですね。妊娠中だけでなく授乳中もお母さんは食べ物に気を付けなくてはいけないのです。

ルイボスティーには、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛など豊富なミネラルが含まれています。ですからいつものお茶をルイボスティーに替えるだけでミネラルたっぷりの母乳に代わり、赤ちゃんにもしっかり栄養を与えることができるという訳なんです。赤ちゃんの便秘も改善するといわれていますのでうれしいですよね!

母乳の成分は血液です。赤くないのに血液?と不思議に思われるかもしれませんが、赤くなる成分である赤血球が入っていないからです。お母さんの血液がそのまま赤ちゃんに届くというワケですから、母乳の出が悪い原因は血行不良や冷え、水分不足などが考えれれます。

ルイボスティーには血行を促進して冷えを解消する効果があるといわれています。またホルモンバランスを整える効果もあるんですよ。水分補給としてルイボスティーを飲んでいれば自然と母乳の出も改善していくのではないでしょうか。

母乳が出過ぎる人にもいい!?

母乳が出ないで悩んでいる人もいますが、反対に出過ぎで悩んでいる人も少なくありません。母乳の出をよくする方法はあっても、出過ぎを抑える方法というのはあまりないので悩ましいものですが、赤ちゃんが母乳を飲む量は徐々に増えていきますので母乳を減らす必要はないんですよ。

ただ気になるのは詰まったり、しこりができて痛みがあったりする場合。

ルイボスティーは母乳の質を良くしてくれるので、サラサラの母乳になります。母乳の出過ぎを抑える効果はありませんが、詰まりを改善する効果は期待できるんですよ。ですから母乳が出過ぎの人にもおすすめなんです!

ノンカフェインなので安心!

ルイボスティーならノンカフェインで安心

ルイボスティーが授乳中におすすめのもう1つの理由はノンカフェインということです。赤ちゃんが飲んでも大丈夫とも言われているお茶なんですよ。

授乳中にカフェインを摂取するとそのうちの0.5~1.5%ほどは母乳に出てしまうといわれています。(参照)1日カップ2~3杯程度でしたら問題はないといわれていますが、飲み過ぎると赤ちゃんが眠れなくなるなどの影響も考えられます。

授乳中は赤ちゃんの分まで水分を摂取しなくてはいけないですが、カフェインの入った飲み物(緑茶やコーヒー等)の飲み過ぎは注意しましょう。その点、カフェインの入っていないルイボスティーは授乳中でも安心して飲めるのがうれしいですね。

まとめ

ルイボスティーは、ミネラルたっぷりなので飲むと母乳の質がよくなります。血行促進や冷えの改善効果も期待できるので飲んでいれば自然と母乳の出もよくなる人も多いです。かといって出過ぎの人は飲んではいけないということはありませんので心配しないでくださいね。

また、授乳中はカフェインの量を気にしなくてはいけないですが、ルイボスティーはノンカフェインなので安心して飲むことができますよ!

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ