子供はいつから甘酒を飲める?離乳食にもいいって本当?

Sponsored Link

子供はいつから甘酒を飲める?離乳食にもいいって本当?

甘酒は体にいいと今注目さてていますよね!ですが、やはりお酒のイメージがあるので、大人はいいとして子供はいつから飲めるものなのか気になりますよね。

なんと、離乳食にもいいというのですが、大丈夫なのでしょうか?甘酒と子供についてまとめてみました。

Sponsored Link

甘酒はお酒じゃないの?

甘酒は「酒」という名前が入っているのでどうしてもお酒のイメージが強いですよね。実際に飲んでみて、お酒の味がした、という人もいると思います。

ですが甘酒には2種類あるんです。

皆さんがよく知っている甘酒は「酒粕」で出来たものではないでしょうか。これは微量ですがアルコールが入っています。ですがもう1つ「米麹」で出来た甘酒もあり、こちらはアルコール0です。

酒粕と米麹の甘酒の違いはこちらの記事で詳しくご紹介しています:
甘酒を製法別に比べてみよう!米麹と酒粕の違いとは!

余談ですが、私も甘酒といえば酒粕のイメージで、正直苦手でした。(粕汁も苦手なもので)ですが、米麹の甘酒を飲んでみたら、酒の味もしないし、甘すぎることもないし、とってもおいしかったです。これなら毎日飲めます。

というわけで、甘「酒」とはいっても、お酒が入っていないものもあるんですよ!

酒粕の甘酒でもOK!

酒粕で作った甘酒にはアルコールが含まれていますが、市販のもののアルコール度数は1%未満のものがほとんど!清涼飲料水に分類されますので、お子様でも飲むことができます。いつから飲んでいいという決まりはとくにありません。よくよく考えたらそうでなければ、お正月や雛祭りに配ったりしませんよね。

とはいえ、赤ちゃんにあげるのは心配だと思いますので、小さなお子様には米麹の甘酒がおすすめです。また、酒粕から自分で作る場合はどうしてもアルコール度数が高くなってしまうそうなので気を付けてください。

お酒の味が気になるという人はアルコールをしっかり飛ばしましょう!アルコールの飛ばし方はこちらの記事で紹介していますよ!:
甘酒のアルコールの飛ばし方講座!お子さんも交えて楽しく飲もう!

離乳食にもなるって本当!?

甘酒を離乳食として

「酒」という言葉が入っているので、離乳食になんて結びつかないかもしれませんが、アミノ酸やビタミン、ミネラル食物繊維が豊富なので離乳食にも最適なんですよ。ただし、離乳食にいいのは米麹で作ったアルコール0のものです!

原料はお米と米麹なので、お粥やみそ汁が飲めればOKです。とくにいつから飲ませていいという決まりはないようですが、離乳食後期の方が安心ではないでしょうか。気になる場合はお医者さんに相談してみてください。

ビタミンB群が入っているので風邪予防にもなりますし、体も温まるので冬の時期には飲ませてあげたくなりますよね!また、自然な甘みがあるので砂糖の代わりに甘味料として使う人もいるようです。気になる方はぜひ離乳食に取り入れてみてください!

まとめ

市販の甘酒は清涼飲料水でアルコール度数1%未満なのでお子様でも飲むことができます。

ですが、より安心なのは米麹から作られた甘酒です。これはアルコール0%なので赤ちゃんでも飲むことができます。アミノ酸やビタミン、ミネラル、食物繊維などたくさんの栄養素が含まれているので離乳食に利用する人も増えているんですよ。

Sponsored Link

SNSボタン

最後までご覧頂きありがとうございました!
記事がお役に立ちましたら、ボタンをクリックしてお友達にシェアお願いします!

            

関連コンテンツ

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ